/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

【相場予想】ドルインデックス アメリカの利下げ期待でドル安が進む テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年3月06日(金)の週を終えて

2020年3月06日(金)の週を終えて
ドルインデックスのチャートと
CFTCの大口の動向を見ながら相場の分析をしていきます。

ドルインデックスの相場の流れを追っていく中で、
チャンスを見つければトレードしていく予定です。

スポンサーリンク

ドルインデックス テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較から相場の強弱を予想(2020年3月06日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

ドルインデックスのCFTCの大口と小口のポジション比較

1-2020年3月6日の週を終えて-CFTC-ドルインデックス-ポジション状況と週の終値-一覧表
1-2020年3月6日の週を終えて-CFTC-ドルインデックス-ポジション状況と週の終値-一覧表

2月25日と3月3日を比較

大口は

  • 買いポジションを大きく減らしてきました(前週比-7880)
  • 売りポジションもそれなりに減らしているようです(前週比-5291)

ドルインデックス テクニカル分析

直近サポートをすべて下抜け

2-2020年3月06日の週を終えて-ドルインデックスの日足チャート
2-2020年3月06日の週を終えて-ドルインデックスの日足チャート
  • 黄色の線 98.19
  • ピンクの線 97.36

この2つのサポートを週の終値で明確に下に抜けてきました。
次のサポートを探す段階にきていると思います。

次のサポート

3-2020年3月6日の週を終えて-ドルインデックス-週足からサポートラインを探す
3-2020年3月6日の週を終えて-ドルインデックス-週足からサポートラインを探す

ピンクの線 95.03

  • 2018年6月~10月(4カ月)
  • 2019年1月(1ヵ月)

この辺でもみ合っているのでサポートとして機能すると思われます。

最終サポート

赤色の線 93.81

  • 2018年7月
  • 2018年9月

この2点でダブルボトムを付けている週があり
そこから反転上昇しているので、サポートになりうると思います。

ここを下抜けてしまうと、一気にドル安が進んでしまうと思います。
なぜなら90ドルから暴騰していって、下げ止まった場所だからです。

ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

  • 2日(月曜日) 米長期金利が下落し、ドルが売られた。コロナウイルスの感染拡大懸念が背景。
  • 3日(火曜日) アメリカが0.50%の緊急利下げ(1.50%-1.75%から1.00%-1.25%へ)ドルが売られた。
  • 4日(水曜日) バイデン副大統領が民主党指名争いに勝利し、ご祝儀の買いでドルが買われた。
  • 5日(木曜日) 米長期金利が市場最安値を更新!0.877へ。背景にコロナウイルスの感染拡大が懸念され、さらなる利下げが期待されたからドル売りへ。
  • 6日(金曜日) 米長期金利が市場最安値を更新!0.788へ。背景にコロナウイルスの感染拡大やさらなる利下げが期待されドル売りへ。

まとめ

ドルインデックスの相場状況をまとめると

  • コロナウイルスのパンデミック懸念でアメリカが緊急利下げを行い、さらなるドル安へ
  • 米長期金利が過去最低を更新し続け、ドル安に

スポンサーリンク