/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

ドルインデックス 【見通し・予想】93.81を下割れたが月末で大きく買い戻されてるので安値警戒は必要 テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年7月31日(金)の週を終えて

2020年7月31日(金)の週を終えて
ドルインデックスのチャートと
CFTCの大口の動向を見ながら相場の分析をして
今後のドルインデックスの相場の見通しや
価格を予想していきます。

ドルインデックスの相場の流れを追っていく中で、
チャンスを見つければトレードしていく予定です。

スポンサーリンク

ドルインデックス テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較から相場の強弱を予想(2020年7月31日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

ドルインデックスのCFTCの大口と小口のポジション状況

1-ドルインデックス-CFTC-一覧表-2020年7月31日の週を終えて
1-ドルインデックス-CFTC-一覧表-2020年7月31日の週を終えて

大口の買いポジと売りポジが増えました。

大口の売りが年初来3度目となる増え方をしていますが
買いも負けじと増えているのを見ると
久々に売り買いが活発になってきてるのかなと思います。

現時点で93.81を下回っている状態ですが
月末に買い戻されているのもあり
まだまだ下抜けたとは言い難い状態なので
ここで反転上昇してくるのか安値を警戒しておく必要があると思います。

ドルインデックス テクニカル分析と値動き

2-2020年7月31日の週を終えて-ドルインデックス-日足チャート
2-2020年7月31日の週を終えて-ドルインデックス-日足チャート

ダイジェスト

週の始めに93.81の赤いラインを下抜け
戻りを見せたものの、このラインで頭を押さえられ下落。
その後は月末の調整で買い戻され、5日SMAで止まっている。

直近のサポート

3-ドルインデックス-直近のサポート-93-81-日足チャート-2020年7月31日の週を終えて
3-ドルインデックス-直近のサポート-93-81-日足チャート-2020年7月31日の週を終えて

93.81 赤の線

週足の200日SMAを明確に下割れ
次に95.03の赤いサポートをあっさり下抜け
最後のサポートである93.81も下抜けていきました。

しかし、月末の調整で買い戻しが強く
まだまだ予断は許さない状況なので
このラインはレジサポ転換するのか
もしくは底抜けのダマシなのか
もう少し見ておいた方がいいと思います。

ドルインデックス ファンダメンタルズ分析と値動き

2020年7月27日(月曜日)から7月31日(金曜日)の週のファンダメンタルズを分析していきます。

7月27日(月曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

FOMCでゼロ付近の金利を維持する事と長期緩和政策を警戒したドル売りと
新型コロナウイルスの追加対策法案の基本合意からドルが売られました。

テクニカルで見ると93.81のサポートラインを下抜けた形で終わっています。

高値94.42 → 終値93.65(-77pips下落)

7月28日(火曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

この日は目立った情報はなく
FOMCが翌日に控え、これまでのドル売りから一転して
ドル高になりました。

とはいえ、テクニカルで見ると93.81を回復する事ができずに
戻り高値を売られた形で終わっています。

安値93.49 → 終値93.73(+24pips上昇)

7月29日(水曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

FOMCがありゼロ付近の金利を維持する事を表明し
緩和政策を今後数年続けるという観測からドルが売られる。

また、従来以上のインフレ率の上振れを許容するとの観測が出た事から
前日の上昇から切り替えしてドルが売られる流れになりました。

高値93.80 → 終値93.26(-54pips下落)

7月30日(木曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

トランプ大統領が大統領選を延期する可能性を発言した事と
アメリカのGDP速報値が32.9%減と1947年以来で最も大きな落ち込みとなった事で
ドルが売られました。

テクニカルで見ると5日SMAで戻り高値を売られている感じです。

高値93.68 → 終値92.96

7月31日(金曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

特に目立った情報はなかったです。

月末の調整でポジションを解消する動きが出た事から
ドルが買い戻されて週を終えました。

安値92.55 → 終値93.46(+91pips上昇)

週の終値を比較

3月20日 101.95
3月27日 98.31
4月03日 100.68 ←ここを上抜けたらドル高になりそう
4月10日 99.48
4月17日 99.72
4月24日 100.29
5月01日 98.68
5月08日 99.10
5月15日 100.36
5月22日 99.80
5月29日 98.30
6月05日 96.95 ←ここで折り返した(週足の200日SMAで)
6月12日 97.09
6月19日 97.66
6月26日 97.50
7月03日 97.15
7月10日 96.66
7月17日 96.01
7月24日 94.35
7月31日 93.46 (-89pips下落) ←93.81を下抜けた状態

まとめ

ドルインデックスの相場状況をまとめると

  • FOMCでゼロ付近の金利を維持する事や緩和政策を長期間、続ける観測を背景にドル安が進む
  • トランプ大統領の大統領選挙延期発言やGDPが過去最悪の落ち込みを見せてドル安が進む
  • しかし、月末の買い戻しで反転を見せているので安値警戒はしておいたほうがいい
  • 大口の売り買いが活発化

スポンサーリンク