/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

ドルインデックス 【見通し・予想】反転上昇を警戒か? テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年8月7日(金)の週を終えて

2020年8月7日(金)の週を終えて
ドルインデックスのチャートと
CFTCの大口の動向を見ながら相場の分析をして
今後のドルインデックスの相場の見通しや
価格を予想していきます。

ドルインデックスの相場の流れを追っていく中で、
チャンスを見つければトレードしていく予定です。

スポンサーリンク

ドルインデックス テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較から相場の強弱を予想(2020年8月7日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

ドルインデックスのCFTCの大口と小口のポジション状況

1-ドルインデックス-CFTC-一覧表-2020年8月7日の週を終えて
1-ドルインデックス-CFTC-一覧表-2020年8月7日の週を終えて

大口の売り買いのポジションが減りました。

月末の買い戻しが入ったのを見て
ポジションを減らしたように思います。

93.81を下回っていますが、底堅く推移している事から
ここから反転上昇するのか、注意深く見ておく必要があると思います。

ドルインデックス テクニカル分析と値動き

2-2020年8月7日の週を終えて-ドルインデックス-日足チャート
2-2020年8月7日の週を終えて-ドルインデックス-日足チャート

ダイジェスト

週の始めに93.81の赤いラインまで戻ってきましたが
戻り売られて下落していきました。

しかし92.50を下回る事なく底堅く推移して反転上昇して週を終えています。

直近のサポート

3-ドルインデックス-直近のサポート-93-81-日足チャート-2020年8月7日の週を終えて
3-ドルインデックス-直近のサポート-93-81-日足チャート-2020年8月7日の週を終えて

93.81 赤の線

週足の200日SMAを明確に下割れ
次に95.03の赤いサポートをあっさり下抜け
最後のサポートである93.81も下抜けていきました。

しかし、月末の調整で買い戻しが強く
92.50で底堅く推移しているのを見ると
まだまだ予断は許さない状況なので
このラインはレジサポ転換するのか
もしくは底抜けのダマシなのか
もう少し見ておいた方がいいと思います。

ドルインデックス ファンダメンタルズ分析と値動き

2020年8月3日(月曜日)から8月7日(金曜日)の週のファンダメンタルズを分析していきます。

8月3日(月曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

前週末の月末の買い戻しの流れを引き継いで上昇しました。
しかし5日SMAで戻り高値を売られ
売りに押されて下落して終了しました。

主に売られた要因としては
アメリカの金融政策で、さらに緩和されるとの観測が出ている事から
ドルが売られているようです。

安値93.32 → 終値93.51(+19pips上昇)

8月4日(火曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

アメリカ企業の良好な企業決算と
新型コロナウイルスの追加対策への期待感から
リスクONのドル安になりました。

またアメリカの5年債が過去最低の利回りとなった事と
長期金利が5カ月ぶりの低水準に落ち込んだことを背景に
ドルが売ら得る要因となりました。

テクニカルで見ると93.81の抵抗ラインで戻り高値を売られている形となっています。

高値93.83 → 終値93.26(-57pips下落)

8月5日(水曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

アメリカ企業の良好な企業決算と
新型コロナウイルスの追加対策への期待感から
前日に引き続きリスクONのドル安となりました。

高値93.25 → 終値92.81(-44pips下落)

8月6日(木曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

新規失業保険申請件数が予想より良くて
株式市場もリスクONの状態になったものの
ドルの相場はイマイチな感じで十字足で終わりました。

始値92.77 → 終値92.77 (±0)

8月7日(金曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

アメリカの新型コロナ追加経済対策の協議が物別れになった事
香港トップに対してアメリカが制裁を課す可能性がある事が報じられ
米中対立懸念などでリスクOFFの流れからドルが上昇しました。

安値92.76 → 終値93.39(+63pips上昇)

週の終値を比較

3月20日 101.95
3月27日 98.31
4月03日 100.68 ←ここを上抜けたらドル高になりそう
4月10日 99.48
4月17日 99.72
4月24日 100.29
5月01日 98.68
5月08日 99.10
5月15日 100.36
5月22日 99.80
5月29日 98.30
6月05日 96.95 ←ここで折り返した(週足の200日SMAで)
6月12日 97.09
6月19日 97.66
6月26日 97.50
7月03日 97.15
7月10日 96.66
7月17日 96.01
7月24日 94.35
7月31日 93.46 ←93.81を下抜けた状態
8月07日 93.39 (-7pips下落)←93.81を下抜けた状態

まとめ

ドルインデックスの相場状況をまとめると

  • アメリカの金融緩和がさらに加速するとの観測が出ている事や新型コロナの追加対策法案が纏まるとの期待感からドル安に
  • アメリカの企業決算などが良好でリスクONの流れになるも、いったんドル安がストップする
  • 週末はアメリカの新型コロナ対策法案が物別れに終わった事や香港のトップに対してアメリカが制裁を課す可能性を示した事からリスク回避のドル高へ

92.50で底堅く推移しているので反転上昇がありそうな雰囲気。

スポンサーリンク