/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

ドルインデックス 【見通し・予想】欧州通貨でドル高とドル安の足の引っ張り合いをしている テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年9月11日(金)の週を終えて

2020年9月11日(金)の週を終えて
ドルインデックスのチャートと
CFTCの大口の動向を見ながら相場の分析をして
今後のドルインデックスの相場の見通しや
価格を予想していきます。

ドルインデックスの相場の流れを追っていく中で、
チャンスを見つければトレードしていく予定です。

スポンサーリンク

ドルインデックス テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較から相場の強弱を予想(2020年9月11日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

ドルインデックスのCFTCの大口と小口のポジション状況

1-ドルインデックス-CFTC-一覧表-2020年9月11日の週を終えて
1-ドルインデックス-CFTC-一覧表-2020年9月11日の週を終えて

大口がポジションを全体的に減らしている中で
小口のドル買いが少し目立ちますね。

もしかしたら、現在いる水準からドル高に持っていくのは厳しいかもしれません。

ドルインデックス テクニカル分析と値動き

2-2020年9月11日の週を終えて-ドルインデックス-日足チャート
2-2020年9月11日の週を終えて-ドルインデックス-日足チャート

ダイジェスト

週の始めにドル高になりボリンジャーバンドの2σで打ち返される。
その後、ドル安で下落するも基準線と転換線で買い支えられて週を終える。

直近のサポートライン

3-ドルインデックス-直近のサポートライン-92-50-日足チャート-2020年9月11日の週を終えて
3-ドルインデックス-直近のサポートライン-92-50-日足チャート-2020年9月11日の週を終えて

92.50 黄色のライン

現状はドルが安くなるとこの辺りで買い支えが強くなるので
直近のサポートはここにしました。

直近のレジスタンス

4-ドルインデックス-直近のレジスタンス-93-81-日足チャート-2020年9月11日の週を終えて
4-ドルインデックス-直近のレジスタンス-93-81-日足チャート-2020年9月11日の週を終えて

93.81 赤いライン

直近では25日SMAで戻り売りをされていましたが
現状は買い支えが強いので
次のレジスタンスは93.81の赤いラインとしました。

ドルインデックス ファンダメンタルズ分析と値動き

2020年9月7日(月曜日)から9月11日(金曜日)の週のファンダメンタルズを分析していきます。

9月7日(月曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

アメリカがレイバーデーの為、値動きは微妙だったものの
ドル高となって終了しました。

25日SMAや基準線などのテクニカルラインが重なるので
そのあたりで買われたのだと思われます。

安値92.81 → 終値93.06(+25pips上昇)

9月8日(火曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

株価が大きく下落する中で
リスク回避によるドル高となりました。

またEUとイギルスの間で通商協議が纏まらない事で
欧州通貨のドル高となっています。

この2つの影響によってドル高が進んでいます。

安値93 → 終値93.52(+52pips上昇)

9月9日(水曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

この日は欧州通貨でのドル売りが目立ちました。
ECBが景気回復に自信を見せた事やGDPを上方修正した事が好感され
ドル売りの流れに。

また株価や原油価格が反発上昇した事もあって
リスク回避で買われていたドルに売りがでました。

高値93.66 → 終値93.24(-42pips下落)

9月10日(木曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

この日、ECBのラガルド総裁の発言で、ユーロ高をけん制するような発言に乏しく
ドル安となりました。

しかし、今度はイギリスとEUとの通商交渉を巡る不透明感から
ポンドが下落し、ドル高となった事を受けて
安いところでドルが拾われて買い戻されました。

安値92.70 → 終値93.35(+65pips上昇)

9月11日(金曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

前日、ドルに関わるネタが出ているものの
この日はあまり影響がなく横ばいで終了。

始値93.33 → 終値93.27(-6pips)

週の終値を比較

3月20日 101.95
3月27日 98.31
4月03日 100.68 ←ここを上抜けたらドル高になりそう
4月10日 99.48
4月17日 99.72
4月24日 100.29
5月01日 98.68
5月08日 99.10
5月15日 100.36
5月22日 99.80
5月29日 98.30
6月05日 96.95 ←ここで折り返した(週足の200日SMAで)
6月12日 97.09
6月19日 97.66
6月26日 97.50
7月03日 97.15
7月10日 96.66
7月17日 96.01
7月24日 94.35
7月31日 93.46 ←93.81を下抜けた状態
8月07日 93.39
8月14日 93.10
8月21日 93.20
8月28日 92.30
9月04日 92.97 (+67pips上昇) ←92.50を回復
9月11日 93.27 (+30pips上昇)

まとめ

ドルインデックスの相場状況をまとめると

  • 欧州通貨に対するドル高とドル安が足の引っ張りあいをしている
  • ECBのラガルド総裁のユーロ高を現状は容認している発言でドル安に
  • イギリスとEUの通商協議が不透明感からポンド安のドル高に

スポンサーリンク