/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

ドルインデックス 【見通し・予想】株価の急落やECBのユーロ高牽制発言でリスク回避のドル高に テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年9月4日(金)の週を終えて

2020年9月4日(金)の週を終えて
ドルインデックスのチャートと
CFTCの大口の動向を見ながら相場の分析をして
今後のドルインデックスの相場の見通しや
価格を予想していきます。

ドルインデックスの相場の流れを追っていく中で、
チャンスを見つければトレードしていく予定です。

スポンサーリンク

ドルインデックス テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較から相場の強弱を予想(2020年9月4日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

ドルインデックスのCFTCの大口と小口のポジション状況

1-ドルインデックス-CFTC-一覧表-2020年9月4日の週を終えて
1-ドルインデックス-CFTC-一覧表-2020年9月4日の週を終えて

前の週にポジショニングが怪しいなぁ~と思っていたら
案の定、ドル高に切り替えしてきましたね。

大口もなんだかドルを買ってるようだし
何か裏がありそうな雰囲気を感じます。

ドルインデックス テクニカル分析と値動き

2-2020年9月4日の週を終えて-ドルインデックス-日足チャート
2-2020年9月4日の週を終えて-ドルインデックス-日足チャート

ダイジェスト

週の始めにドル高になり92ドルを割れたもののボリンジャバンドの-3σ手前で買い戻されました。
そこからドル高が継続して92.50のラインまで戻して上回った状態で週を終えました。

直近のレジサポ転換ライン

3-ドルインデックス-直近のレジサポ転換ライン-92-50-日足チャート-2020年9月4日の週を終えて
3-ドルインデックス-直近のレジサポ転換ライン-92-50-日足チャート-2020年9月4日の週を終えて

92.50 黄色のライン

前の週に、ここはもう少し見たほうがよいということで残しておきましたが
案の定、戻ってきましたね。

92.50か93.81かの攻防になると思います。

どちらかというとドル高に分があるかなと個人的には見ています。

直近のレジスタンス

4-ドルインデックス-直近のレジスタンス-25日SMA-日足チャート-2020年9月4日の週を終えて
4-ドルインデックス-直近のレジスタンス-25日SMA-日足チャート-2020年9月4日の週を終えて

直近のレジスタンスは93.81のラインでしたが
ここ最近は25日SMAで打ち返されているので
直近のレジスタンスは25日SMAにしました。

ここを上乗せてくるようだと、次のターゲットは93.81になるかと思います。

ドルインデックス ファンダメンタルズ分析と値動き

2020年8月31日(月曜日)から9月4日(金曜日)の週のファンダメンタルズを分析していきます。

8月31日(月曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

8月27日のFRBパウエル議長の講演後
インフレを一時的に2%を超える事を許容した事をもとに
この日もドル安が進んで終了しました。

高値92.48 → 終値92.16(-32pips下落)

9月01日(火曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

安値を更新した後に反発して終了。

とくにネタは無い。

ユーロの利益確定売りが出た事から
同じように利益確定が入ったものと思われる。

安値91.75 → 終値92.31(+56pips上昇)

9月02日(水曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

ドルは大きく反発。

ECBのレーン専務理事がユーロ高をけん制している発言が意識され
欧州通貨でドルの買い戻しが入りドル高となっているようです。

安値92.21 → 終値92.65(+44pips上昇)

9月03日(木曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

アメリカの株価の急落を受けてリスク回避のドル高となりました。

リスク回避の理由は
8月のISM非製造業総合指数が56.9となって7月の58.1から低下した事が
アメリカ経済の回復の鈍化や財政刺激策の効果が薄れてきている可能性があると思われたからです。

またECBのレーン専務理事のユーロ高を匂わせる発言が意識され
欧州通貨でドル高となった事も背景にあります。

安値92.65 → 終値92.78(+13pips上昇)

9月04日(金曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

この日も前日に引き続き株価の下落を背景にリスク回避のドル高となりました。

アメリカの雇用統計があり8月の非農業部門雇用者数がプラスにはなったものの
前月比から伸びが低下した事もあり経済回復が鈍化しているとの懸念から
リスク回避のドル高が進みました。

またアメリカの長期金利が大きく上昇して引けている事もドル高の要因となっています。

安値92.66 → 終値92.97(+31pips上昇)

週の終値を比較

3月20日 101.95
3月27日 98.31
4月03日 100.68 ←ここを上抜けたらドル高になりそう
4月10日 99.48
4月17日 99.72
4月24日 100.29
5月01日 98.68
5月08日 99.10
5月15日 100.36
5月22日 99.80
5月29日 98.30
6月05日 96.95 ←ここで折り返した(週足の200日SMAで)
6月12日 97.09
6月19日 97.66
6月26日 97.50
7月03日 97.15
7月10日 96.66
7月17日 96.01
7月24日 94.35
7月31日 93.46 ←93.81を下抜けた状態
8月07日 93.39
8月14日 93.10
8月21日 93.20
8月28日 92.30
9月04日 92.97 (+67pips上昇) ←92.50を回復

まとめ

ドルインデックスの相場状況をまとめると

  • FRBのインフレ2%上振れ許容のネタで1日だけ下げて翌日、買い戻される動きに
  • ECBのユーロ高を匂わせる発言や株価の急落を受けてドル高に
  • アメリカの長期金利が大きく上昇して引けたこともドル高の要因に
  • 92.50を回復して週を終える

スポンサーリンク