/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

ドルインデックス 【見通し・予想】アメリカの低金利が長期間にわたって維持されるとの事でドル安に テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年8月28日(金)の週を終えて

2020年8月28日(金)の週を終えて
ドルインデックスのチャートと
CFTCの大口の動向を見ながら相場の分析をして
今後のドルインデックスの相場の見通しや
価格を予想していきます。

ドルインデックスの相場の流れを追っていく中で、
チャンスを見つければトレードしていく予定です。

スポンサーリンク

ドルインデックス テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較から相場の強弱を予想(2020年8月28日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

ドルインデックスのCFTCの大口と小口のポジション状況

1-ドルインデックス-CFTC-一覧表-2020年8月28日の週を終えて
1-ドルインデックス-CFTC-一覧表-2020年8月28日の週を終えて

FRBパウエル議長の講演後にドル安の流れになっていますが
大口は売りも買いも減らして冴えない感じになっています。

来週、動きがあるのかな?
にしては妙ですね。

ドルインデックス テクニカル分析と値動き

2-2020年8月28日の週を終えて-ドルインデックス-日足チャート
2-2020年8月28日の週を終えて-ドルインデックス-日足チャート

ダイジェスト

週の始めにドル高になったものの25日SMAで頭を押さえられてます。
週末に大きく下落して92.50を下割れて終わっています。

直近のレジサポ転換ライン

3-ドルインデックス-直近のレジサポ転換ライン-92-50-日足チャート-2020年8月28日の週を終えて
3-ドルインデックス-直近のレジサポ転換ライン-92-50-日足チャート-2020年8月28日の週を終えて

92.50 黄色のライン

92.50を割れたものの、ここに戻りを試すかフタをするかを試す展開があると思います。

もう少し、このラインは見といたほうがいいと思います。

直近のレジスタンス

4-ドルインデックス-直近のレジスタンス-25日SMA-日足チャート-2020年8月28日の週を終えて
4-ドルインデックス-直近のレジスタンス-25日SMA-日足チャート-2020年8月28日の週を終えて

直近のレジスタンスは93.81のラインでしたが
ここ最近は25日SMAで打ち返されているので
直近のレジスタンスは25日SMAにしました。

ここを上抜けるまでは上昇は厳しいかもしれません。

ドルインデックス ファンダメンタルズ分析と値動き

2020年8月24日(月曜日)から8月28日(金曜日)の週のファンダメンタルズを分析していきます。

8月24日(月曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

ドルが小幅高で終了しました。

アメリカの株式市場が新型コロナウイルスのポジティブなワクチン情報で
リスクONで株価が上昇する中、ドル安が少し進んだものの
パウエル議長が27日に講演を開く事が注目されており様子見ムードが強まっているようです。

ドルに関するネタは乏しいですが
長期金利が上昇した事でドルが高くなっていると思われます。

安値92.84 → 終値93.29(+45pips上昇)

8月25日(火曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

27日に開かれるパウエル議長の講演を警戒したドル売りとなりました。

FRBの金融政策の見通しについて講演が開かれるようで
インフレが市場参加者の注目を集めているようです。

このインフレが上昇する事を容認するだろうと市場参加者が期待感している事から
ドルが売られているみたいです。

高値93.35 → 終値93.01(-34pips下落)

8月26日(水曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

翌日にFRBのパウエル議長の講演を控えて
ドルが小幅安で終了しました。

FRBは金融政策の枠組みの見直しについて講演するようで
その中で平均インフレ率目標の導入について市場参加者の注目を集めているようです。

もしインフレ率の上振れを容認するようであれば
ドルがさらに安くなるだろうと言われています。

高値93.36 → 終値92.89(-47pips下落)

8月27日(木曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

FRBパウエル議長の講演があり
最大雇用の確保とインフレの健全化の為にインフレ率の2%越えを一時的に許容すると発表しました。

この日のドルの相場はイマイチで十字足で終わりました。

始値92.85 → 終値92.99(+14pips)

8月28日(金曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

FRBパウエル議長の講演後、1周まわって市場参加者に評価されドル安に。

市場参加者の間では長期間低金利が維持されるとの見方でドル安になっているようです。

高値93.10 → 終値92.30(-80pips下落)

週の終値を比較

3月20日 101.95
3月27日 98.31
4月03日 100.68 ←ここを上抜けたらドル高になりそう
4月10日 99.48
4月17日 99.72
4月24日 100.29
5月01日 98.68
5月08日 99.10
5月15日 100.36
5月22日 99.80
5月29日 98.30
6月05日 96.95 ←ここで折り返した(週足の200日SMAで)
6月12日 97.09
6月19日 97.66
6月26日 97.50
7月03日 97.15
7月10日 96.66
7月17日 96.01
7月24日 94.35
7月31日 93.46 ←93.81を下抜けた状態
8月07日 93.39
8月14日 93.10
8月21日 93.20
8月28日 92.30 (-90pips下落)

まとめ

ドルインデックスの相場状況をまとめると

  • 27日に開かれるFRBパウエル議長の講演を前にドルは冴えない動き
  • 27日にFRBパウエル議長の講演があるも、十字足で引ける
  • FRBパウエル議長講演後の翌日に市場参加者に評価されアメリカ低金利が長期間に分かって行われるとの見方で大きくドル安に

スポンサーリンク