/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

ドルインデックス 【見通し・予想】イールドカーブコントロールでドル安に テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年6月12日(金)の週を終えて

2020年6月12日(金)の週を終えて
ドルインデックスのチャートと
CFTCの大口の動向を見ながら相場の分析をして
今後のドルインデックスの相場の見通しや
価格を予想していきます。

ドルインデックスの相場の流れを追っていく中で、
チャンスを見つければトレードしていく予定です。

スポンサーリンク

ドルインデックス テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較から相場の強弱を予想(2020年6月12日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

ドルインデックスのCFTCの大口と小口のポジション状況

1-ドルインデックス-CFTC-一覧表-2020年6月12日の週を終えて
1-ドルインデックス-CFTC-一覧表-2020年6月12日の週を終えて

大口の売りポジションが久々に1万ポジになりました。

アメリカの金利が低い状態を維持する事と
イールドカーブのフラット化を見越した
ドル売りが増えたように思います。

とはいえ、まだまだドル買いの保有量が多い状態です。

ドルインデックス テクニカル分析と値動き

2-2020年6月12日の週を終えて-ドルインデックス-日足チャート
2-2020年6月12日の週を終えて-ドルインデックス-日足チャート

ダイジェスト

週の前半でドル安が進み、週足の200日SMAを下回りました。
しかし週の後半で買い戻され、かろうじて200日SMAを復帰した形で週を終えました。

直近のサポート

3-ドルインデックス-直近のサポート-96-40-日足チャート-2020年6月12日の週を終えて
3-ドルインデックス-直近のサポート-96-40-日足チャート-2020年6月12日の週を終えて

96.40 青の線

週足の200日SMAで買い支えられてる状態なので
ここを割れてくるようだと
次のターゲットは95.03ドルになると思います。

ただ、95.03と93.81は何度も跳ね返されている鉄壁のラインなので
買い支えがあると思いますが
万が一、ここを下抜けてくるようだと
ドル安がかなり進むのではないかと予想しています。

ドルインデックス ファンダメンタルズ分析と値動き

2020年6月8日(月曜日)から6月12日(金曜日)の週のファンダメンタルズを分析していきます。

6月8日(月曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

下落

FRBがイールドカーブコントロールをするとの事で
低金利維持を続けるとの見方からドル売りとなりました。

高値97.07 → 終値96.70(-37pips下落)

6月9日(火曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

戻り高値を売られて続落

FOMCでイールドカーブのフラット化に向けた措置が打ち出されるとの思惑から
ドル売りの流れになり、ドルが上昇していたところを
戻り高値を売られ安値を更新して終わりました。

高値97.06 → 終値96.39(-67pips下落)

6月10日(水曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

売られましたが下髭で終わる

FOMCでアメリカの政策金利がゼロを維持する事と
イールドカーブを今後とも議論を続けるとの事で
ドル安が進みました。

この日、週足の200日SMAを下回りました。

しかし安値では買われる動きとなり
ボリンジャーバンドの-2σがある事から
テクニカルで反発したものだと考えられます。

高値96.46 → 終値96.05(-41pips下落)

6月11日(木曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

反発上昇

FOMC後にFRBのパウエル議長が経済の見通しについて
不透明感を強調した事で、経済の早期回復期待が薄れ
安全資産としてのドル買いが起きました。

またアメリカで新型コロナウイルスの感染が確認された事で
第2波を巡る懸念が再燃し、リスク回避でドルが買われる動きとなりました。

安値95.95 → 終値96.81(+86pips上昇)

6月12日(金曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

まぁまぁ上昇しましたが、上髭をつけて週を終える

全体的にドルが買われて終了。

長期金利の反発でドルが買われたようですが
ネタとしてはイマイチ不透明感が漂っています。

安値96.49 → 終値97.09(+60pips上昇)

週の終値を比較

3月20日 101.95
3月27日 98.31
4月03日 100.68 ←ここを上抜けたらドル高になりそう
4月10日 99.48
4月17日 99.72
4月24日 100.29
5月01日 98.68
5月08日 99.10
5月15日 100.36
5月22日 99.80
5月29日 98.30
6月05日 96.95
6月12日 97.09 (+14pips上昇)

まとめ

ドルインデックスの相場状況をまとめると

  • リスクON継続でドル安かと思われたが、イールドカーブコントロールのフラット化が話題に上がりドル安が継続
  • その後、新型コロナの第2波やパウエル議長の経済先行き不透明の強調で株価が暴落するとリスク回避でドル高に
  • テクニカルで見ると週足の200日SMAの攻防となる

リスクONによるドル安からの週足の200日SMAの攻防で
重要なラインに差し掛かってるように思います。

ただここからドル安に行くとしても95ドルと93ドルには
何回も跳ね返された鉄壁のサポートが存在するので
ここを割れるには、インパクトのあるネタが欲しいところ。

イールドカーブのフラット化が
どこまでドル安に影響するのかが鍵となりそうです。

スポンサーリンク