/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

ドルインデックス 【見通し・予想】 緩やかにドル高の方向へ テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年6月26日(金)の週を終えて

2020年6月26日(金)の週を終えて
ドルインデックスのチャートと
CFTCの大口の動向を見ながら相場の分析をして
今後のドルインデックスの相場の見通しや
価格を予想していきます。

ドルインデックスの相場の流れを追っていく中で、
チャンスを見つければトレードしていく予定です。

スポンサーリンク

ドルインデックス テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較から相場の強弱を予想(2020年6月26日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

ドルインデックスのCFTCの大口と小口のポジション状況

1-ドルインデックス-CFTC-一覧表-2020年6月26日の週を終えて
1-ドルインデックス-CFTC-一覧表-2020年6月26日の週を終えて

大口は前週に買いポジションを大きく外しましたが
また新規に買いで入ってきているようです。

小口は買いポジションを外して売りポジションを増やしてるようです。

ドルインデックスの価格はどのように変化したのかというと
週足の200日SMAで買い支えられて反転上昇しています。

この事からドルインデックスの上昇が優勢かなというふうに見えます。

ドルインデックス テクニカル分析と値動き

2-2020年6月26日の週を終えて-ドルインデックス-日足チャート
2-2020年6月26日の週を終えて-ドルインデックス-日足チャート

ダイジェスト

週の始めにドル安に動きましたが、週足の200日SMAで買い支えられて
綺麗に反転上昇しています。

直近のサポート

3-ドルインデックス-直近のサポート-96-40-日足チャート-2020年6月26日の週を終えて
3-ドルインデックス-直近のサポート-96-40-日足チャート-2020年6月26日の週を終えて

96.40 青の線

ここは週足の200日SMAがある所で
6月23日に買い支えられて24日に反転上昇しているのを見ると
サポートとして意識される場所である事が分かります。

4-ドルインデックス-直近のサポート-96-40-週足チャート-2020年6月26日の週を終えて
4-ドルインデックス-直近のサポート-96-40-週足チャート-2020年6月26日の週を終えて

週足で見ると、結構な下髭で買い支えられているので
やはり、この位置は買いが強いポイントなのかなと思われます。

ドルインデックス ファンダメンタルズ分析と値動き

2020年6月22日(月曜日)から6月26日(金曜日)の週のファンダメンタルズを分析していきます。

6月22日(月曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

前週末に新型コロナウイルスの感染拡大が再び懸念され
ドル高の流れでしたが
この日は、年の後半には景気は回復するとの見方から
楽観論でドル安となりました。

高値97.74 → 終値97.01(-73pips下落)

6月23日(火曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

米中通商協議の内容が誤った形で報道され
アメリカと中国の貿易交渉が終わったという事で
協議決裂みたいな感じの雰囲気でドル安が一気に進みました。

しかし、その協議は継続しているとフォローされる形で否定され
安堵感からややドルが買い戻される形となりました。

この日、ドル安が進みましたが、週の200日SMAで買い支えられました。

高値97.25 → 終値96.68(-57pips下落)

6月24日(水曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

アメリカで新型コロナウイルスの感染者が増加した報道を背景に
リスク回避によるドル買いとなり、前日を底値に反転上昇しました。

またアメリカが欧州の製品に関税発動を検討している事も
ドル買いを後押ししたようです。

安値96.55 → 終値97.21(+66pips上昇)

6月25日(木曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

前日に報道された新型コロナウイルスの感染者増加と欧米の通商摩擦が懸念され
前日に引き続きドル高へ。

安値97.16 → 終値97.39(+23pips上昇)

6月26日(金曜日) ドルインデックス ファンダメンタルズ分析

新型コロナウイルスの感染者が再び増加するのを踏まえて
アメリカの各州でバーの営業停止やレストランの入店制限などを実施。

この新型コロナウイルスの抑制策が再び実施された事で
経済のV字回復期待は後退し
リスク回避のドル高となるかと思いましたが
この日はいまいちな形で週を終えました。

始値97.35 → 終値97.50(+15pips)

週の終値を比較

3月20日 101.95
3月27日 98.31
4月03日 100.68 ←ここを上抜けたらドル高になりそう
4月10日 99.48
4月17日 99.72
4月24日 100.29
5月01日 98.68
5月08日 99.10
5月15日 100.36
5月22日 99.80
5月29日 98.30
6月05日 96.95 ←ここで折り返した(週足の200日SMAで)
6月12日 97.09
6月19日 97.66
6月26日 97.50

まとめ

ドルインデックスの相場状況をまとめると

  • 週の始めは景気楽観論でドル安が進みました
  • しかし、新型コロナウイルスの感染拡大が再び懸念されドル高の流れとなっています
  • また、テクニカルで見ると週足の200日SMAで綺麗に反転しています

この事から、ドルは緩やかに上昇していくのではないかと予想しています。

スポンサーリンク