/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

【相場予想】ユーロドル コロナウイルスのパンデミック懸念でドル安に テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年2月28日(金)の週を終えて

2020年2月28日(金)の週を終えて
FX ユーロドルのチャートとCFTCの大口の動向、そして個人のポジション状況を見ながら
相場の分析をしていきます。

チャンスがあれば国内FX口座を利用して、
ユーロドルをトレードしていくつもりでいます。

それでは、各章の状況を見ながら、相場を予想していきます。

スポンサーリンク

ユーロドル テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較から相場の強弱を予想(2020年2月28日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

ユーロのCFTCの大口のポジション比較

1-ユーロ-CFTC-2020年2月-一覧表
1-ユーロ-CFTC-2020年2月-一覧表

2月全体の流れを比較

  • 大口は売りを積み上げている感じ。月末に買いポジを減らした
  • 小口も同様

ユーロドルの個人のポジション状況

2-ユーロドル-個人のポジション状況-2020年2月-一覧表
2-ユーロドル-個人のポジション状況-2020年2月-一覧表

大口のユーロと個人のユーロドルのポジション比較

  • 大口は売りを積み増している
  • 個人は下落に耐え切れず買いポジを整理し、売りポジを新規に入れて増やした

ユーロドル チャート分析

3-2020年3月1日-15時31分-ユーロドル-日足チャート-アメリカ緩和思惑と利下げ思惑でドル安
3-2020年3月1日-15時31分-ユーロドル-日足チャート-アメリカ緩和思惑と利下げ思惑でドル安

先週に引いたレッドラインのレジスタンスを上に抜いてきている。
次に直近のレジスタンスとして機能するであろう場所にピンクのラインを引いた。

価格は1.110あたり。

もし超えてくるなら1.12レッドラインを目指すかどうかってところ。

当面のサポートは1.076と1.086が底だというのが分かった。

ユーロドル ファンダメンタルズ分析

  • 28日(金曜日) 米長期金利の低下でドル安からユーロが上昇。また英とEUの通商協議でイギリスの強気な態度から交渉は決裂するだろうとのことでユーロポンドが買われ、ユーロが上昇。月末のフローからユーロ買いが優勢となった。
  • 27日(木曜日) 米長期金利の低下でドル安に。コロナウイルスのパンデミック懸念が原因
  • 26日(水曜日) 十字足で終わった日。ドイツの金利上昇でユーロが買われたが、米長期金利も上昇し、売り買いが拮抗した。
  • 25日(火曜日) 米長期金利の低下からドル安に
  • 24日(月曜日) FRBの緩和思惑、米長期金利の低下からドル安に。コロナウイルスが経済に打撃を与える可能性を懸念されたのが原因

まとめ

ユーロドルの相場状況をまとめると

  • 米長期金利が低下してドル安からユーロ買いが起きている
  • コロナウイルスのパンデミック懸念で経済に打撃を与える可能性がある事から、FRBの緩和と利下げの思惑からドル安になっている

スポンサーリンク