/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

【相場予想】ユーロドル暴騰 FRBの利下げでドル安に!長期金利が過去最低を更新! テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年3月06日(金)の週を終えて

2020年3月06日(金)の週を終えて
FX ユーロドルのチャートとCFTCの大口の動向、そして個人のポジション状況を見ながら
相場の分析をしていきます。

チャンスがあれば国内FX口座を利用して、
ユーロドルをトレードしていくつもりでいます。

それでは、各章の状況を見ながら、相場を予想していきます。

スポンサーリンク

ユーロドル テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較から相場の強弱を予想(2020年3月06日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

ユーロのCFTCの大口のポジション比較

1-2020年3月6日の週を終えて-ユーロのCFTCのポジション状況-一覧表
1-2020年3月6日の週を終えて-ユーロのCFTCのポジション状況-一覧表

2月全体の流れとしては、大口は売りポジションを積み上げてる状態でした。

2月25日と3月3日を比較

大口は

  • 売りポジションを大きく外した(前週比-33001)
  • 買いポジションは僅かに減った(前週比-5683)

ドル安の影響でかなりユーロが上昇したので
ポジションを整理したのだと思われる。

ユーロドルの個人のポジション状況

2-2020年3月6日の週を終えて-ユーロドルの個人のポジション状況-一覧表
2-2020年3月6日の週を終えて-ユーロドルの個人のポジション状況-一覧表
個人は売りが先週から8%増えて74%の人が売りで踏みあげられている状況です。

1.085あたりから売りで捕まってると思われるので
週の終値で1.210あたりとの事から
だいたい400pipsくらい踏みあげられていると思われます。

ユーロドル テクニカル分析

直近のサポートを全部上抜け!!

3-2020年3月06日の週を終えて-ユーロドルの日足チャート
3-2020年3月06日の週を終えて-ユーロドルの日足チャート

1.110と1.123のレジスタンスを明確に上抜けて行きました。
次のレジスタンスは月足レベルで探す必要がありそうです。

次のレジスタンス

4-2020年3月6日の週を終えて-ユーロドルの次のレジスタンス
4-2020年3月6日の週を終えて-ユーロドルの次のレジスタンス

1.165あたりに月足レベルで抵抗されそうな場所がありました。

  • 2015年8月(1ヵ月)
  • 2017年8月~12月(4カ月)
  • 2018年5月~9月(4カ月)

この3点が重なるのでレジスタンスとして意識されると思われます。

ユーロドル ファンダメンタルズ分析

  • 2日(月曜日) アメリカの長期金利が下がり、ユーロドル、ユーロポンドが共に上昇
  • 3日(火曜日) アメリカが0.50%の緊急利下げ(1.50%-1.75% → 1.00%-1.25%へ)ドル安が進みユーロドルが買われる。ECBの利下げ余地が無いこともありユーロが買われた
  • 4日(水曜日) (ネタとしては微妙)バイデン副大統領が民主党指名争いに勝利し、ドルインデックスが上昇して幅広く対ドルの商品が買われた
  • 5日(木曜日) アメリカの長期金利が0.897と市場最低値を更新!コロナウイルスの感染拡大が懸念され、さらなる利下げが期待されドル安ユーロ高に
  • 6日(金曜日) イギリスでコロナウイルスに感染した人が初めて死者が出たと報道され、ドル安ユーロ高になった
  • 6日(金曜日) アメリカの長期金利が0.788と市場最低値を更新!これを受けてドル安ユーロ高が進む

まとめ

ユーロドルの相場状況をまとめると

  • 米長期金利が過去最低を更新し続け、ドル安ユーロ高の状態になっている
  • アメリカは利下げ余地はあるが、ECBの利下げ余地がない事から、ドル安ユーロ高が進んでいる
  • 直近レジスタンスを全部上に抜いているので、次は月足レベルでレジスタンスを図る必要が出てきた。目安は1.165あたり

スポンサーリンク