/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

ユーロドル 復興基金のネタでリスクONで上昇したがレンジ圏内の値動きに終始する テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年5月22日(金)の週を終えて

2020年5月22日(金)の週を終えて
FX ユーロドルのチャートとCFTCの大口の動向、そして個人のポジション状況を見ながら
相場の分析をしていきます。

チャンスがあれば国内FX口座を利用して、
ユーロドルをトレードしていくつもりでいます。

それでは、各章の状況を見ながら、相場を予想していきます。

スポンサーリンク

ユーロドル テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較から相場の強弱を予想(2020年5月22日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

ユーロのCFTCの大口のポジション比較

1-ユーロ-CFTC-一覧表-2020年5月22日の週を終えて
1-ユーロ-CFTC-一覧表-2020年5月22日の週を終えて

5月12日と5月19日を比較

  • 大口は買いを減らして、売りが増えてる状況
  • 小口はユーロの買いと売り両方増えています

ユーロドルの個人のポジション状況

2-ユーロドル-個人のポジション状況-一覧表-2020年5月22日の週を終えて
2-ユーロドル-個人のポジション状況-一覧表-2020年5月22日の週を終えて

個人は買いから売りドテンしたようです

レンジ圏で遊んでる印象があるので
売りが入るのは妥当のような気がします。

ユーロドル テクニカル分析

3-2020年5月22日の週を終えて-ユーロドル-日足チャート
3-2020年5月22日の週を終えて-ユーロドル-日足チャート

ダイジェスト

ユーロドルは週の前半から上昇していって
日足の200日SMAで頭を売られて下落して週を終えています。

直近のレジスタンス

4-ユーロドル-直近のレジスタンス1-1094-日足チャート-2020年5月22日の週を終えて
4-ユーロドル-直近のレジスタンス1-1094-日足チャート-2020年5月22日の週を終えて

1.1094 ピンクの線

週の前半で75日SMAを超えましたが
200日SMAで頭を打ち返された感じになっています。

この辺りで打ち返されるので
ピンクのラインの手前あたりがレジスタンスなのかもしれません。

直近のサポート

5-ユーロドル-直近のサポート1-0775-日足チャート-2020年5月22日の週を終えて
5-ユーロドル-直近のサポート1-0775-日足チャート-2020年5月22日の週を終えて

1.0775 ピンクの線

ここは何度も反発した場所でもあり
下割れてもすぐ戻ってきているので
結構、底堅いイメージのサポートラインだと思います。

この辺りで大口のポジションも増える感じなので
ここを背にレンジの反発上昇を狙った買いを入れてる人が多いと思われます。

ユーロドル ファンダメンタルズ分析と値動き

2020年5月18日(月曜日)から5月22日(金曜日)の週のファンダメンタルズを分析していきます。

5月18日(月曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

大きく上昇

フランスとドイツが、新型コロナウイルスの打撃を受けた加盟国への支援として、
5000億ユーロ規模の復興基金の創設を提案したことが好感されて
ユーロが大きく上昇しました。

また新型コロナウイルスのワクチン開発に対する期待で
ドル安になっている事も後押ししたようです。

安値1.07985 → 終値1.09113(+112pips上昇)

5月19日(火曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

上髭陽線

この日は前日のユーロの復興基金がネタで上昇していましたが
アメリカのモデルナが開発している新型コロナウイルスのワクチンの有効なデータが否定される
報道が流れてドル安だった流れがドル高に傾き上髭陽線の形で終わりました。

高値1.09752 → 終値1.09218(-53pips下落)

5月20日(水曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

上昇

ユーロの復興基金が貸付ではなく供与の形で各国に資金を配分する事となり
リスクONでユーロが上昇しました。

安値1.09177 → 終値1.09768(+59pips上昇)

5月21日(木曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

高値更新からの下落

トランプ大統領が中国が香港に対して国家安全法を導入すれば
アメリカは極めて強硬に対応すると発言した事で
米中間の対立懸念が台頭して
リスク回避によるドル高となりました。

高値1.10075 → 終値1.09471(-60pips下落)

5月22日(金曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

下落して終了

前日から米中間の対立の高まりからドルが買われました。

前日、トランプ大統領は中国が香港に対して国家安全法を導入すれば
アメリカは極めて強硬に対応すると発言しましたが

中国政府は香港に国家安全法の制定を義務付ける新たな法案を
全国人民代表大会に提出しました。

これを受けて米中の対立を懸念してドルが買われる結果となりました。

高値1.09529 → 終値1.08973(-55pips下落)

週の終値を比較

3月20日 1.06914 ←この辺りが底かな?
3月27日 1.11358
4月03日 1.07655 ←買いで拾われやすい場所かも?
4月10日 1.09297
4月17日 1.08706
4月24日 1.08175
5月01日 1.09672
5月08日 1.08301
5月15日 1.08156
5月22日 1.08973 (+81pips下落)

まとめ

ユーロドルの相場状況をまとめると

  • 週の前半はユーロの復興基金と新型コロナウイルスのワクチンネタでリスクONでユーロが上昇
  • 週の後半で米中対立懸念からドル高へ

結局のところレンジ圏内の値動きで終始してる感じですね。

スポンサーリンク