/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

ユーロドル【見通し・予想】アメリカが欧州経済よりアウトパフォームでドル高に テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年8月21日(金)の週を終えて

2020年8月21日(金)の週を終えて
FX ユーロドルのチャートとCFTCの大口の動向、そして個人のポジション状況を見ながら
相場の分析をして今後のユーロドルの相場の見通しや
価格を予想していきます。

チャンスがあれば国内FX口座を利用して、
ユーロドルをトレードしていくつもりでいます。

それでは、各章の状況を見ながら、相場を予想していきます。

スポンサーリンク

ユーロドル テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較から相場の強弱を予想(2020年8月21日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

ユーロのCFTCの大口のポジション比較

1-ユーロ-CFTC-一覧表-2020年8月21日の週を終えて
1-ユーロ-CFTC-一覧表-2020年8月21日の週を終えて

ユーロドルの個人のポジション状況

2-ユーロドル-個人のポジション状況-一覧表-2020年8月21日の週を終えて
2-ユーロドル-個人のポジション状況-一覧表-2020年8月21日の週を終えて

ユーロのポジション状況 まとめ

大口の年初来の買いが8回目でようやくストップしました。
買いポジが少し減り、売りポジションが年初来3回目の減少を更新しています。

そして小口投機の買いの増加が年初来5回目を更新しています。

個人は売りが膨れ上がっていましたが、高値を更新したあたりで諦めたのか
売りポジションが減っています。

さて、価格はどのようになったのかと言うと
高値は更新したものの終値ベースで1.182xのラインを僅かに下割れて週を終えています。

もしかして、ここで頭打ちなのかな?

ユーロドル テクニカル分析

3-2020年8月21日の週を終えて-ユーロドル-日足チャート
3-2020年8月21日の週を終えて-ユーロドル-日足チャート

ダイジェスト

週の始めに高値を更新したものの、そこで頭打ちとなり
1.182xのラインを僅かに下回る形で週を終えました。

直近のレジスタンス

4-1-ユーロドル-直近のレジスタンス1-1820-日足チャート-2020年8月21日の週を終えて
4-1-ユーロドル-直近のレジスタンス1-1820-日足チャート-2020年8月21日の週を終えて

1.1820 黄色の線

前の週は高値を更新したものの、このラインまで打ち返されています。

この事からレジスタンスとして、このラインは意識されているのかなと思われます。

大口も買いを辞めてるし、売りも諦めたようだし
個人も売りを諦めてるようなので
もしかしたら調整下落がそろそろ起きてもいいころでは?と見ています。

ユーロドル ファンダメンタルズ分析と値動き

2020年8月17日(月曜日)から8月21日(金曜日)の週のファンダメンタルズを分析していきます。

8月17日(月曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

ナスダックやS&P500の株価の上昇を受けて
リスクONによるドル安となりました。

またニューヨーク連銀製造業景気指数が悪かった事で
アメリカの長期金利が下落したのが嫌気されドル売りを後押ししました。

テクニカルで見ると1.182xのラインをしっかり上にのせてきたように見えます。

安値1.18277 → 終値1.18690(+41.3pips上昇)

8月18日(火曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

S&P500が最高値を更新している事や
アメリカの長期金利の下落を背景にドル安が進行してユーロドルは高値を更新して上昇しました。

また翌日にFOMCの議事録要旨の発表を控えており
FRBがハト波的な内容を発表するだろうとの期待からドル安が進んでいるようです。

安値1.18621 → 終値1.19303(+68.2pips)

8月19日(水曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

この日、FOMC議事録要旨が発表されましたが
FRBがイールドカーブコントロールの導入について現時点で否定的だったことから
ハト波的な内容を期待していた市場参加者が失望して利益確定売りをしたらしく
ユーロドルは売られて終了しました。

ただ、FRBは積極的な金融政策を微調整しながら
長期間維持する可能性について検討しているので
このユーロドルの下落は一時的なものになるかもしれない事を留意しておいたほうがいいかもしれません。

高値1.19518 → 終値1.18363(-115.5pips下落)

8月20日(木曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

前日のFOMCでFRBがイールドカーブコントロールについて否定的な見解を示した事で
ドル高の流れを引き継ぐと思われましたが
株式市場が買い支えられて上昇した辺りから
リスクONのドル安の流れで終わりました。

とは言え、前日の高値には戻す事はできず
微妙なドル安で終えています。

安値1.18012 → 終値1.18596(+58.4pips上昇)

8月21日(金曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

アメリカの経済指標が良かった事でアメリカが欧州経済よりアウトパフォームしていると評価され
ユーロが売られドルが買われる形となりました。

8月のユーロ圏購買担当者景気指数は総合PMIが51.6となっり
50を上回っているものの、7月の54.9から低下。

それに対してアメリカの総合PMIは54.7と2019年2月以来の高水準を付けました。

そしてアメリカの中古住宅販売戸数は年率換算で24.7%増の586万戸となり
伸びが2カ月連続で過去最高を更新しました。

これが好感してドル高となったようです。

高値1.18820 → 終値1.17955(-86.5pips下落)

週の終値を比較

3月20日 1.06914 ←この辺りが底かな?
3月27日 1.11358
4月03日 1.07655 ←買いで拾われやすい場所かも?
4月10日 1.09297
4月17日 1.08706
4月24日 1.08175
5月01日 1.09672
5月08日 1.08301
5月15日 1.08156
5月22日 1.08973
5月29日 1.10879
6月05日 1.12883
6月12日 1.12520
6月19日 1.11740
6月26日 1.12153
7月03日 1.12421
7月10日 1.12977
7月17日 1.14251 ← 週の200日SMAを上抜けた状態
7月24日 1.16534 ← 1.15を上抜けた形
7月31日 1.17727 ←1.182xのラインで打ち返された形
8月07日 1.17839 ←1.182xのラインで打ち返された形
8月14日 1.18397 ←1.182xのラインを僅かに上回る形
8月21日 1.17955 (-44.2pips下落)←1.182xのラインで打ち返された形

まとめ

ユーロドルの相場状況をまとめると

  • SP500やナスダックが最高値を更新する中でドル安となって高値を更新
  • その後はFRBがイールドカーブコントロールに否定的な見解を示しドル高になるも株が高くてリスクONでドル安に
  • アメリカの経済指標が良くてアメリカが欧州経済よりアウトパフォームしていると評価されドル高の流れに

スポンサーリンク