/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

ユーロドル【見通し・予想】FRBパウエル議長の講演後、一周まわって評価されドル安に テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年8月28日(金)の週を終えて

2020年8月28日(金)の週を終えて
FX ユーロドルのチャートとCFTCの大口の動向、そして個人のポジション状況を見ながら
相場の分析をして今後のユーロドルの相場の見通しや
価格を予想していきます。

チャンスがあれば国内FX口座を利用して、
ユーロドルをトレードしていくつもりでいます。

それでは、各章の状況を見ながら、相場を予想していきます。

スポンサーリンク

ユーロドル テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較から相場の強弱を予想(2020年8月28日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

ユーロのCFTCの大口のポジション比較

1-ユーロ-CFTC-一覧表-2020年8月28日の週を終えて
1-ユーロ-CFTC-一覧表-2020年8月28日の週を終えて

ユーロドルの個人のポジション状況

2-ユーロドル-個人のポジション状況-一覧表-2020年8月28日の週を終えて
2-ユーロドル-個人のポジション状況-一覧表-2020年8月28日の週を終えて

ユーロのポジション状況 まとめ

頭打ちと思われていたユーロドルですが
週末に大きく反転上昇して週を終えています。

終値で見ると高値を更新して終了。

こんな中でポジションはどうなっているのかというと

大口は買いが再び増えて、売りが年初来4回目となる減少となっています。
そして個人は売り増し。

これはまだまだ上昇が止まらないパターンかもしれないなと思いました。
安易に売りを入れたらやられそうです。

ユーロドル テクニカル分析

3-2020年8月28日の週を終えて-ユーロドル-日足チャート
3-2020年8月28日の週を終えて-ユーロドル-日足チャート

ダイジェスト

週の始めから終わりにかけて1.182xのラインを横ばいで推移。
週末に大きく反転上昇し1.182xのラインを上回る形で終了。
終値ベースだと高値を更新して週を終えています。

直近のレジスタンス

4-1-ユーロドル-直近のレジスタンス1-202x-1-216x-日足チャート-2020年8月28日の週を終えて
4-1-ユーロドル-直近のレジスタンス1-202x-1-216x-日足チャート-2020年8月28日の週を終えて

日足で見ると1.18xのラインはレジスタンスというより
サポート転換したように思います。

この事から次のレジスタンスは月足を見ないと分からないレベルになってきたので
以下の2点間を次のレジスタンスと考えてピックアップします。

1.202x 黄色のライン

まずは節目の1.202xラインかなと。
この付近にボリンジャーバンドの+3σがあるので
最初に意識される場所だと思います。

1.216x ピンクのライン

1.202xラインを上抜けてきた場合は月足の雲の上限の1.216xが
2番目に意識される場所だと思います。

現在ドル安の流れが強いのでもしかしたら
ここを突き抜けてくるかもしれません。

そうなったら月足の200日SMAを見ておけばいいと思います。

ユーロドル ファンダメンタルズ分析と値動き

2020年8月24日(月曜日)から8月28日(金曜日)の週のファンダメンタルズを分析していきます。

8月24日(月曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

アメリカの株価が最高値を更新する中でドル安となったものの
最終的にドルが小幅高になって終わりました。

とくにドル高になるネタは無いものの
パウエル議長が27日に講演をひらくようで
それが市場参加者が注目しているらしいです。

高値1.18489 → 終値1.17867(-62.2pips下落)

8月25日(火曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

27日のパウエル議長の講演が警戒されユーロが上昇しているようです。
FRBの金融政策について講演をするようで
インフレの上昇について許容するようであれば
ドル安になると市場参加者は見ているようでユーロが上昇しているようです。

またドイツ業況指数が予想を上回る結果もありユーロの上昇を手助けしているようです。

安値1.17834 → 終値1.18335(+50.1pips上昇)

8月26日(水曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

翌日にパウエル議長の講演を控えて小幅にユーロが上昇しました。

FRBの平均インフレ率目標の導入に注目があつまっており
インフレの上昇を容認するようであれば、ドルが安くなるであろうと
市場参加者は見ているようです。

安値1.17714 → 終値1.18294(+58pips上昇)

8月27日(木曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

この日、FRBパウエル議長が講演を開き
最大雇用の確保を図る方針とインフレが一時的に2%を上回る事を許容すると発表しました。

これを受けてユーロドルはどうなったのかというと
十字足で終わりました。

意外とイマイチな形で終わった日でした。

始値1.18294 → 終値1.18210(-8.4pips)

8月28日(金曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

前日のFRBパウエル議長の講演の内容が
この日、再び評価されドル安となりました。

市場参加者の間ではFRBが現在の低金利政策が長期的に維持されると受け取ったようで
それでドル安になっているようです。

安値1.18100 → 終値1.19040(+94pips上昇)

週の終値を比較

3月20日 1.06914 ←この辺りが底かな?
3月27日 1.11358
4月03日 1.07655 ←買いで拾われやすい場所かも?
4月10日 1.09297
4月17日 1.08706
4月24日 1.08175
5月01日 1.09672
5月08日 1.08301
5月15日 1.08156
5月22日 1.08973
5月29日 1.10879
6月05日 1.12883
6月12日 1.12520
6月19日 1.11740
6月26日 1.12153
7月03日 1.12421
7月10日 1.12977
7月17日 1.14251 ← 週の200日SMAを上抜けた状態
7月24日 1.16534 ← 1.15を上抜けた形
7月31日 1.17727 ←1.182xのラインで打ち返された形
8月07日 1.17839 ←1.182xのラインで打ち返された形
8月14日 1.18397 ←1.182xのラインを僅かに上回る形
8月21日 1.17955 ←1.182xのラインで打ち返された形
8月28日 1.19040 (+108.5pips上昇) ←高値更新

まとめ

ユーロドルの相場状況をまとめると

  • FRBパウエル議長の講演まで強弱まちまちな展開で終わる
  • FRBパウエル議長は雇用の最大化とインフレ率2%の上振れを許容と発表したがユーロドルはイマイチな形で終わる
  • 週末にFRBパウエル議長の講演が再び評価され、低金利が長期間に維持されると解釈されて大きくドル安に傾いて週を終える

このドル安の強さを見ると、まだ上っぽい。

スポンサーリンク