/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

ユーロドル【見通し・予想】新型コロナウイルス復興基金7500億ユーロの協議がグダってユーロ安へ テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年6月19日(金)の週を終えて

2020年6月19日(金)の週を終えて
FX ユーロドルのチャートとCFTCの大口の動向、そして個人のポジション状況を見ながら
相場の分析をして今後のユーロドルの相場の見通しや
価格を予想していきます。

チャンスがあれば国内FX口座を利用して、
ユーロドルをトレードしていくつもりでいます。

それでは、各章の状況を見ながら、相場を予想していきます。

スポンサーリンク

ユーロドル テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較から相場の強弱を予想(2020年6月19日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

ユーロのCFTCの大口のポジション比較

1-ユーロ-CFTC-一覧表-2020年6月19日の週を終えて
1-ユーロ-CFTC-一覧表-2020年6月19日の週を終えて

ユーロドルの個人のポジション状況

2-ユーロドル-個人のポジション状況-一覧表-2020年6月19日の週を終えて
2-ユーロドル-個人のポジション状況-一覧表-2020年6月19日の週を終えて

ユーロのポジション状況 まとめ

大口の売りポジションの解消が大量に減っているのが目立ちますね。

勢いよくユーロドルが上昇したのを見ると
ユーロ売りを泣く泣く損切ったのかなと想像ができます。

また個人の売りも同じように減っているのを見ると
全体的にユーロの売りを諦めた人が多かったのかなという印象です。

ここからワンチャン下落すれば
やはりFXは損切りを狙った動き方をするんだなと
いう見方ができると思います。

ユーロドル テクニカル分析

3-2020年6月19日の週を終えて-ユーロドル-日足チャート
3-2020年6月19日の週を終えて-ユーロドル-日足チャート

ダイジェスト

ユーロドルは週足の200日SMAを背に頭を売られて下落していきました。

直近のレジスタンス

4-ユーロドル-直近のレジスタンス1-1330-日足チャート-2020年6月19日の週を終えて
4-ユーロドル-直近のレジスタンス1-1330-日足チャート-2020年6月19日の週を終えて

1.1330 ブルーの線

6月15日にユーロは上昇しましたが
6月16日に週足の200日SMAを背に売られて下落しているのを見ると
ここが直近のレジスタンスとして機能したものと思われます。

直近のサポート

5-ユーロドル-直近のサポート-1-109xxと200日SMA-日足チャート-2020年6月19日の週を終えて
5-ユーロドル-直近のサポート-1-109xxと200日SMA-日足チャート-2020年6月19日の週を終えて

1.109xx ピンクのライン

ここは長いレンジを繰り返して上抜けた
レンジの上限であり、レジサポ転換したかどうかを確認する場所でもあるので
それなりに売り買いが活発になるのではないかと予想されます。

なので直近のサポートとして挙げました。
とはいえ、このすぐ下に200日SMAがあるので
深く押して、このあたりまで行く可能性もあるかもしれません。

なので、この2点間を見ておけばいいと思います。

ユーロドル ファンダメンタルズ分析と値動き

2020年6月15日(月曜日)から6月19日(金曜日)の週のファンダメンタルズを分析していきます。

6月15日(月曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

FRBの社債を買い入れる事を発表した事で
リスクONの流れで大きくドル安となりユーロドルが上昇しました。

安値1.12258 → 終値1.13217(+95.9pips上昇)

6月16日(火曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

この日、半期に一度のFRBパウエル議長の講演があり
新型コロナウイルスの流行が制御されていると
アメリカ国民が考えなければ、完全に回復しないだろうと発言しました。

この発言がネガティブと受け取られ、リスク回避によるドル高となり
ユーロドルは前日から一転して下落しました。

高値を更新して下落しているのが
何とも嫌な動き方をするもんだなと言った感じですね。

高値1.13524 → 終値1.12622(-90.2pips下落)

6月17日(水曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

新型コロナウイルスの感染が中国やアメリカなどで
再び拡大しているとの報道を受けて
リスク回避によるドルの需要が高まり、前日に引き続きユーロドルが下落しました。

高値1.12931 → 終値1.12434(-49.7pips下落)

6月18日(木曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

この日は、アメリカの新規失業保険申請件数の発表があり
市場予想を上回る結果となった事からリスク回避によるドル高が進み
ユーロドルは3日連続で下落しました。

高値1.12606 → 終値1.12037(-56.9pips下落)

6月19日(金曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

アップルが新型コロナウイルスの感染拡大に伴って
一部の州で店舗の閉鎖を発表しました。

この報道を受けてリスク回避によるドル高が進み
ユーロドルは4日連続で下落しました。

また、欧州委員会が提案した7500億ユーロの新型コロナウイルス復興基金案を協議しましたが
各国の主張に隔たりが大きく物別れに終わった事もあり
ユーロドルは下落する流れとなりました。

この感じを見ると、欧州はユーロの現在の水準を高いと思っているのかもしれません。

高値1.12535 → 終値1.11740(-79.5pips下落)

週の終値を比較

3月20日 1.06914 ←この辺りが底かな?
3月27日 1.11358
4月03日 1.07655 ←買いで拾われやすい場所かも?
4月10日 1.09297
4月17日 1.08706
4月24日 1.08175
5月01日 1.09672
5月08日 1.08301
5月15日 1.08156
5月22日 1.08973
5月29日 1.10879
6月05日 1.12883
6月12日 1.12520
6月19日 1.11740 (-78pips下落)

まとめ

ユーロドルの相場状況をまとめると

  • 週の始めにFRBの社債購入をネタにドル安が進みました
  • その後、FRBパウエル議長の半期に一度の発言がネガティブに受け取られ、1週間ずっとユーロドルは売られ続けました
  • テクニカルでは週足の200日SMAを背に売られ、下回る形で終わってます
  • 新型コロナウイルスの第2波を警戒したドル高がネタとなっています
  • また欧州委員会で提案された7500億ユーロの新型コロナウイルス復興基金の協議が物別れに終わったのもあり、ユーロドルは冴えない状況です

この感じを見るに、欧州ではユーロの現在の水準を高いと思っているのかもしれません。
あとは新型コロナウイルスの第2波を警戒したドル高の影響を見ると
ユーロドルはもう少し下げそうな感じに思います。

スポンサーリンク