/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

ユーロドル【見通し・予想】月末フロー調整で下落 そろそろ高値警戒か? テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年7月31日(金)の週を終えて

2020年7月31日(金)の週を終えて
FX ユーロドルのチャートとCFTCの大口の動向、そして個人のポジション状況を見ながら
相場の分析をして今後のユーロドルの相場の見通しや
価格を予想していきます。

チャンスがあれば国内FX口座を利用して、
ユーロドルをトレードしていくつもりでいます。

それでは、各章の状況を見ながら、相場を予想していきます。

スポンサーリンク

ユーロドル テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較から相場の強弱を予想(2020年7月31日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

ユーロのCFTCの大口のポジション比較

1-ユーロ-CFTC-一覧表-2020年7月31日の週を終えて
1-ユーロ-CFTC-一覧表-2020年7月31日の週を終えて

ユーロドルの個人のポジション状況

2-ユーロドル-個人のポジション状況-一覧表-2020年7月31日の週を終えて
2-ユーロドル-個人のポジション状況-一覧表-2020年7月31日の週を終えて

ユーロのポジション状況 まとめ

大口は年初来6度目となるユーロの買い越し
小口も同様に年初来3度目となるユーロの買い越し

この状況化で個人は売りを20%減らしましたが
まだまだ売りが多い状況ではあります。

個人のストップ刈りをある程度したようなので
ここで一旦、調整下落が入るかどうか見物。

いちおうテクニカルで見ると1.182xの抵抗ラインで打ち返されているので
警戒だけはしておいたほうがいいと思います。

ユーロドル テクニカル分析

3-2020年7月31日の週を終えて-ユーロドル-日足チャート
3-2020年7月31日の週を終えて-ユーロドル-日足チャート

ダイジェスト

週の初めから5日SMAとボリンジャーの+2σに沿って上昇を継続。
週の終わりに1.182xの抵抗ラインを超えたものの、そこで打ち返されて週を終える。

直近のレジスタンス

4-1-ユーロドル-直近のレジスタンス1-1820-日足チャート-2020年7月31日の週を終えて
4-1-ユーロドル-直近のレジスタンス1-1820-日足チャート-2020年7月31日の週を終えて

1.1820 黄色の線

1.150の赤いレジスタンスラインを明確に超えて
高値更新し続けているユーロドルですが
次の抵抗ラインが週足ですら見えにくい状態なので
月足に切り替えて解説します。

4-2-ユーロドル-直近のレジスタンス1-1820-月足チャート-2020年7月31日の週を終えて
4-2-ユーロドル-直近のレジスタンス1-1820-月足チャート-2020年7月31日の週を終えて

月足だと1.1820あたりで何カ月かもめている場所があります。

このあたりで、それなりに抵抗はあるとは思いますが
ドル安が強すぎるので、オーバーシュートして上に突き抜ける可能性もあります。

とくに個人の売り上がりが多い状況なので
その辺は警戒しておく必要があると思います。

もし、ここを上抜けてくるようだと
雲の上限や節目の1.200あたりまで伸びてくることも考えられます。

ユーロドル ファンダメンタルズ分析と値動き

2020年7月27日(月曜日)から7月31日(金曜日)の週のファンダメンタルズを分析していきます。

7月27日(月曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

FOMCでゼロ金利を当面維持することや緩和を警戒したドル安と
新型コロナウイルスの追加対策法案の基本合意から
週の始めからドル安の流れを引き継ぎました。

安値1.16411 → 終値1.17508(+109.7pips上昇)

7月28日(火曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

とくにユーロに関する目立った上昇はないが
ドイツの長期金利の低下と
これまでのドル安の流れから調整的な売りが出てユーロは小幅に下落して終えました。

高値1.17726 → 終値1.17151(-57.5pips下落)

7月29日(水曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

FOMCでゼロ付近の金利を維持する事を表明し
緩和政策を今後数年続けるという期待と
従来以上のインフレ率の上振れを許容するとの観測から
前日の下落から切り替えしドル安になりました。

安値1.17090 → 終値1.17902(+81.2pips下落)

7月30日(木曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

トランプ大統領が大統領選を延期する可能性を発言した事と
アメリカのGDP速報値が32.9%減と1947年以来で最も大きな落ち込みとなった事で
ドル安となりました。

安値1.17298 → 終値1.18460(+116.2pips上昇)

7月31日(金曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

特に目立った情報はなし。
月末の調整でポジションを解消する動きから
ユーロが売られて週を終えました。

高値1.19078 → 終値1.17727(-135.1pips下落)

週の終値を比較

3月20日 1.06914 ←この辺りが底かな?
3月27日 1.11358
4月03日 1.07655 ←買いで拾われやすい場所かも?
4月10日 1.09297
4月17日 1.08706
4月24日 1.08175
5月01日 1.09672
5月08日 1.08301
5月15日 1.08156
5月22日 1.08973
5月29日 1.10879
6月05日 1.12883
6月12日 1.12520
6月19日 1.11740
6月26日 1.12153
7月03日 1.12421
7月10日 1.12977
7月17日 1.14251 ← 週の200日SMAを上抜けた状態
7月24日 1.16534 ← 1.15を上抜けた形
7月31日 1.17727 (+119.3pips上昇) ←1.182xのラインで打ち返された形

まとめ

ユーロドルの相場状況をまとめると

  • FOMCでゼロ付近の金利の意地と長期緩和観測でドル安
  • トランプ大統領が大統領選を延期する可能性を発言した事でドル安
  • アメリカのGDPが1947年統計開始以来の最悪の落ち込みでドル安
  • 月末のフロー調整でユーロが売られて週を終える
  • 大口と個人が年初来の買い越し
  • 個人の20%が売りを解消もしくはロスカット

スポンサーリンク