/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

ユーロドル【見通し・予想】新型コロナウイルスのワクチンを巡る期待感からドル安に テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年7月10日(金)の週を終えて

2020年7月10日(金)の週を終えて
FX ユーロドルのチャートとCFTCの大口の動向、そして個人のポジション状況を見ながら
相場の分析をして今後のユーロドルの相場の見通しや
価格を予想していきます。

チャンスがあれば国内FX口座を利用して、
ユーロドルをトレードしていくつもりでいます。

それでは、各章の状況を見ながら、相場を予想していきます。

スポンサーリンク

ユーロドル テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較から相場の強弱を予想(2020年7月10日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

ユーロのCFTCの大口のポジション比較

1-ユーロ-CFTC-一覧表-2020年7月10日の週を終えて
1-ユーロ-CFTC-一覧表-2020年7月10日の週を終えて

ユーロドルの個人のポジション状況

2-ユーロドル-個人のポジション状況-一覧表-2020年7月10日の週を終えて
2-ユーロドル-個人のポジション状況-一覧表-2020年7月10日の週を終えて

ユーロのポジション状況 まとめ

個人の売りが多い状態で
ポジションの変化はあまりない状態を見ると
お祈りトレードしている人が多いように思います。

そんな中で大口はユーロの買いを新規に増やしてきました。

この状況を見ると、ユーロドルは、なかなか下がらないのではないかと予想いています。

新規で売りで入るのは少し躊躇しますね…。

ユーロドル テクニカル分析

3-2020年7月10日の週を終えて-ユーロドル-日足チャート
3-2020年7月10日の週を終えて-ユーロドル-日足チャート

ダイジェスト

ユーロドルは週の前半から好調で1.13ドル台に突入しました。
その後は頭を売られ、下落はしたものの
下値は限定的な動きとなり、底堅い展開で週を終えました。

直近のレジスタンス

4-ユーロドル-直近のレジスタンス1-1330-日足チャート-2020年7月10日の週を終えて
4-ユーロドル-直近のレジスタンス1-1330-日足チャート-2020年7月10日の週を終えて

1.1330 ブルーの線

7月6日から7月9日にかけてユーロドルは上昇しましたが
頭を売られて下落しているのを見ると
この辺りは強いレジスタンスなのかなと思います。

しかし、高値を売られてはいますが
なかなか下押さない状態が続いており
また、個人の売りが多いのもあって
下げ切らないのを見ると

このレジスタンスを超えてくるのかな?
と個人的には見ています。

ここを超えると一段高になりそうなので
注意深く見ておいた方がいいと思います。

直近のサポート

5-ユーロドル-直近のサポート-1-11672-日足チャート-2020年7月10日の週を終えて
5-ユーロドル-直近のサポート-1-11672-日足チャート-2020年7月10日の週を終えて

1.11672 ピンクのライン

ユーロドルが上昇してから一度、高値で打ち返されて
そこから押しを拾われて上昇した起点となった場所です。

1.1200あたりから1.16付近で買いが強いのを見ると
このあたりがサポートとして意識されるのではないでしょうか。

この辺りはボリンジャーバンドの-2σと-3σがすぐそばにあるので
下抜けたとしても、このあたりで打ち返される可能性があると思います。

ユーロドル ファンダメンタルズ分析と値動き

2020年7月6日(月曜日)から7月10日(金曜日)の週のファンダメンタルズを分析していきます。

7月6日(月曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

中国の景気回復期待と
アメリカの6月の米非製造業景況指数が良かった事で
安全資産としてのドルの価値が薄れ
大きくドル安が進みました。

安値1.12384 → 終値1.13074 (+69pips上昇)

7月7日(火曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

新型コロナウイルスの感染拡大が再び意識され
リスク回避によるドル高となりました。

高値1.13316 → 終値1.12725(-59.1pips下落)

7月8日(水曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

新型コロナウイルスの感染者増大が懸念されてはいるものの
ハイテク株やコモディティ価格の上昇を背景に
ドル安が進みました。

経済回復への期待のほうが高いようです。

安値1.12613 → 終値1.13290(+67.7pips上昇)

7月9日(木曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

新型コロナウイルスの感染者が増えてる事でロックダウンが再び導入される懸念や
トランプ大統領の財務記録開示の報道が嫌気され
リスク回避のドル高が起きました。

高値1.13697 → 終値1.12837(-86pips下落)

7月10日(金曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

新型コロナウイルスの治療薬である『レムデシビル』の臨床試験で
重症患者の死亡リスクの低下と症状改善が確認された報道を受けて
リスク回避で買われていたドルに売りがでました。

ユーロドルはここで一旦下落がストップした形となり
次の方向感を見定めるような陽線十字足で終わりました。

始値1.12839 → 終値1.12977(+13.8pips)

週の終値を比較

3月20日 1.06914 ←この辺りが底かな?
3月27日 1.11358
4月03日 1.07655 ←買いで拾われやすい場所かも?
4月10日 1.09297
4月17日 1.08706
4月24日 1.08175
5月01日 1.09672
5月08日 1.08301
5月15日 1.08156
5月22日 1.08973
5月29日 1.10879
6月05日 1.12883
6月12日 1.12520
6月19日 1.11740
6月26日 1.12153
7月03日 1.12421
7月10日 1.12977 (+55.6pips上昇)

まとめ

ユーロドルの相場状況をまとめると

  • 中国の景気回復やアメリカの経済指標の改善を元にドル安が進む
  • 新型コロナウイルスの感染者増加でロックダウンが再び導入されるのではないかという懸念からドル高になる
  • しかし、新型コロナウイルスの治療薬のポジティブな情報が出ると一転してドル安に
  • 個人の売りが多く、大口は新規に買いを入れてきている

この事から、リスクONによるドル安になるのではないかと予想しています。

問題は週足の200日SMAを超えて一段高を目指せるかどうか。

スポンサーリンク