/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

ユーロドル【見通し・予想】調整下落が来そうな雰囲気 テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年8月7日(金)の週を終えて

2020年8月7日(金)の週を終えて
FX ユーロドルのチャートとCFTCの大口の動向、そして個人のポジション状況を見ながら
相場の分析をして今後のユーロドルの相場の見通しや
価格を予想していきます。

チャンスがあれば国内FX口座を利用して、
ユーロドルをトレードしていくつもりでいます。

それでは、各章の状況を見ながら、相場を予想していきます。

スポンサーリンク

ユーロドル テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較から相場の強弱を予想(2020年8月7日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

ユーロのCFTCの大口のポジション比較

1-ユーロ-CFTC-一覧表-2020年8月7日の週を終えて
1-ユーロ-CFTC-一覧表-2020年8月7日の週を終えて

ユーロドルの個人のポジション状況

2-ユーロドル-個人のポジション状況-一覧表-2020年8月7日の週を終えて
2-ユーロドル-個人のポジション状況-一覧表-2020年8月7日の週を終えて

ユーロのポジション状況 まとめ

個人でユーロの売りポジションを持ってる人たちが諦めて
ポジションを減らして悲壮感が漂う中で

大口は年初来7度目となるユーロの買い越し
小口も同様に年初来4度目となるユーロの買い越し
をしてきています。

テクニカルで見ると1.182xの抵抗ラインで2回ほど打ち返されているので
高値警戒だけはしておいたほうがいいと思います。

ユーロドル テクニカル分析

3-2020年8月7日の週を終えて-ユーロドル-日足チャート
3-2020年8月7日の週を終えて-ユーロドル-日足チャート

ダイジェスト

1.182xのラインを上抜けたものの
週の後半では高値を超えきれず、打ち返されて1.182xを下回る形で週を終えています。

直近のレジスタンス

4-1-ユーロドル-直近のレジスタンス1-1820-日足チャート-2020年8月7日の週を終えて
4-1-ユーロドル-直近のレジスタンス1-1820-日足チャート-2020年8月7日の週を終えて

1.1820 黄色の線

1.150の赤いレジスタンスラインを明確に超えて
高値更新し続けているユーロドルですが
次の抵抗ラインが週足ですら見えにくい状態なので
月足に切り替えて解説します。

4-2-ユーロドル-直近のレジスタンス1-1820-月足チャート-2020年8月7日の週を終えて
4-2-ユーロドル-直近のレジスタンス1-1820-月足チャート-2020年8月7日の週を終えて

月足だと1.1820あたりで何カ月かもめている場所があります。

このあたりで、それなりに抵抗はあるとは思いますが
ドル安が強すぎるので、オーバーシュートして上に突き抜ける可能性もあります。

もし、ここを上抜けてくるようだと
雲の上限や節目の1.200あたりまで伸びてくることも考えられます。

ユーロドル ファンダメンタルズ分析と値動き

2020年8月3日(月曜日)から8月7日(金曜日)の週のファンダメンタルズを分析していきます。

8月3日(月曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

前週末にユーロドルは月末のフロー調整で下げましたが
その流れを引き継いで下落しました。

その後は、買い戻されて下髭の十字足で終わっています。

買い戻しが強くなったのは
アメリカの金融緩和がさらに多く実施されるとの観測が出ている事が背景にあるようです。

始値1.17696 → 終値1.17615(-8.1pips)

8月4日(火曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

アメリカ企業の良好な企業決算と
新型コロナウイルスの追加対策への期待感から
リスクONのドル安になりました。

またアメリカの長期金利が5カ月ぶりの低水準に落ち込んだことも
ドル安を後押ししているようです。

安値1.17204 → 終値1.18016(+81.2pips上昇)

8月5日(水曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

アメリカ企業の良好な企業決算と
新型コロナウイルスの追加対策への期待感から
前日に引き続きリスクONのドル安となりました。

安値1.17920 → 終値1.18624(+70.4pips上昇)

8月6日(木曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

新規失業保険申請件数が予想より良くて
株式市場もリスクONの状態になったものの
ドイツが新型コロナウイルスの感染者が増加すれば
ロックダウンの可能性もあると見解を示した事で
ユーロの上昇が止まりました。

始値1.18625 → 終値1.18759(+13.4pips)

8月7日(金曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

アメリカの新型コロナ追加経済対策の協議が物別れになった事
香港トップに対してアメリカが制裁を課す可能性がある事が報じられ
米中対立懸念などでリスクOFFの流れからユーロドルが下落しました。

高値1.18821 → 終値1.17839(-98.2pips下落)

週の終値を比較

3月20日 1.06914 ←この辺りが底かな?
3月27日 1.11358
4月03日 1.07655 ←買いで拾われやすい場所かも?
4月10日 1.09297
4月17日 1.08706
4月24日 1.08175
5月01日 1.09672
5月08日 1.08301
5月15日 1.08156
5月22日 1.08973
5月29日 1.10879
6月05日 1.12883
6月12日 1.12520
6月19日 1.11740
6月26日 1.12153
7月03日 1.12421
7月10日 1.12977
7月17日 1.14251 ← 週の200日SMAを上抜けた状態
7月24日 1.16534 ← 1.15を上抜けた形
7月31日 1.17727 ←1.182xのラインで打ち返された形
8月07日 1.17839 (+11.2pips上昇) ←1.182xのラインで打ち返された形

まとめ

ユーロドルの相場状況をまとめると

  • アメリカの金融緩和観測でユーロは引き続き上昇を継続
  • その後はドイツが新型コロナウイルスの感染拡大が止まらなければロックダウンの可能性を示した事でユーロの上昇がストップ
  • 週末はアメリカが香港のトップに制裁を課す可能性がある事と新型コロナウイルスの追加対策の協議がまとまらなかった事でリスク回避のドル高に
  • 大口は年初来7度目となる買い越し
  • 小口は年初来7度目となる買い越し
  • そんな中で個人は売りを諦めポジションをカットし悲壮感が漂っている

そろそろ調整下落があってもいいんじゃないかと思い始めている。

スポンサーリンク