/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

ユーロドル【見通し・予想】アメリカのゼロ金利政策とイールドカーブのフラット化懸念でドル安に テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年6月12日(金)の週を終えて

2020年6月12日(金)の週を終えて
FX ユーロドルのチャートとCFTCの大口の動向、そして個人のポジション状況を見ながら
相場の分析をして今後のユーロドルの相場の見通しや
価格を予想していきます。

チャンスがあれば国内FX口座を利用して、
ユーロドルをトレードしていくつもりでいます。

それでは、各章の状況を見ながら、相場を予想していきます。

スポンサーリンク

ユーロドル テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較から相場の強弱を予想(2020年6月12日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

ユーロのCFTCの大口のポジション比較

1-ユーロ-CFTC-一覧表-2020年6月12日の週を終えて
1-ユーロ-CFTC-一覧表-2020年6月12日の週を終えて

ユーロドルの個人のポジション状況

2-ユーロドル-個人のポジション状況-一覧表-2020年6月12日の週を終えて
2-ユーロドル-個人のポジション状況-一覧表-2020年6月12日の週を終えて

ユーロのポジション状況 まとめ

5月23日から400pipsも上昇して
個人の売りがさほど変化ない事から
個人は売りで耐えてる状況なのが分かります。

そんな中で大口は買いが増えて
売りが減っているのを見ると
大口の圧勝って感じなのが伺えます。

レンジを一段上げた感じなので
さほど下がらないのかもしれませんね。

ユーロドル テクニカル分析

3-2020年6月12日の週を終えて-ユーロドル-日足チャート
3-2020年6月12日の週を終えて-ユーロドル-日足チャート

ダイジェスト

ユーロドルは週足の200日SMAを起点に±90pipsでレンジを形成しています。

直近のレジスタンス

4-ユーロドル-直近のレジスタンス1-1330-日足チャート-2020年6月12日の週を終えて
4-ユーロドル-直近のレジスタンス1-1330-日足チャート-2020年6月12日の週を終えて

1.1330 ブルーの線

5月29日の週からユーロが買われ続け
上髭を刈って、さらに上昇に弾みを付けました。

そして、週足の200日SMAがある場所が1.1330で
このあたりで一旦、売られたので
週足の200日SMAは割と意識されるラインなのではないでしょうか。

5月23日から個人の売りが結構入った状態で踏みあげてる状態なので
レンジを継続するか、個人がロスカットするまで上げるかの2択なのではないかと見ています。

ユーロドル ファンダメンタルズ分析と値動き

2020年6月8日(月曜日)から6月12日(金曜日)の週のファンダメンタルズを分析していきます。

6月8日(月曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

十字足で終了

4月のドイツ鉱工業生産が17.9%と、統計開始以来の最低値となり
市場全体的にドル安の流れもあり
ユーロドルは強弱マチマチな形で終わりました。

始値1.12940 → 終値1.12933(-0.7pips下落)

6月9日(火曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

反転上昇

FOMCでイールドカーブのフラット化に向けた措置が打ち出されるとの思惑から
ドル売りの流れになり、ユーロドルが上昇しました。

安値1.12399 → 終値1.13377(+97.8pips上昇)

6月10日(水曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

高値更新して上髭陽線で終了

FOMCでアメリカの政策金利がゼロを維持する事と
イールドカーブを今後とも議論を続けるとの事で
ドル安が進みました。

安値1.13203 → 終値1.13727(+52.4pips上昇)

6月11日(木曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

前日から一転して下落して終了

FOMC後にFRBのパウエル議長が経済の見通しについて
不透明感を強調した事で、経済の早期回復期待が薄れ
安全資産としてのドル買いが起きました。

またアメリカで新型コロナウイルスの感染が確認された事で
第2波を巡る懸念が再燃し、リスク回避でドルが買われる動きとなりました。

高値1.14029 → 終値1.12971(-105.8pips下落)

6月12日(金曜日) ユーロドルのファンダメンタルズ分析

続落して終了

全体的にドルが買われて終了。

長期金利の反発でドルが買われたようですが
いまいちユーロのネタに乏しい感じでドルが買われて週を終えました。

高値1.13397 → 終値1.12520(-87.7pips下落)

週の終値を比較

3月20日 1.06914 ←この辺りが底かな?
3月27日 1.11358
4月03日 1.07655 ←買いで拾われやすい場所かも?
4月10日 1.09297
4月17日 1.08706
4月24日 1.08175
5月01日 1.09672
5月08日 1.08301
5月15日 1.08156
5月22日 1.08973
5月29日 1.10879
6月05日 1.12883
6月12日 1.12520 (-36.3pips下落)

まとめ

ユーロドルの相場状況をまとめると

  • 週の前半はアメリカのイールドカーブのフラット化懸念でドルが売られました
  • その後は新型コロナウイルスの第2波が再燃した事とアメリカ経済の先行きが不透明な事からリスク回避でドルが買われました

直近では週の200日線の付近をウロウロしている事から
ここを起点にした攻防になりそうですね。

でも個人が売りで捕まってる状況から
週の200日線を超えてストップ狩りがあるような気がします。

一応、週の200日線の上の1.1380ドルにストップ注文が控えているので
そのあたりを狙いにくるのではないでしょうか。

下落したとしても、個人の売りの多さから日足の200日SMAまで落ちればラッキー程度だと思います。

スポンサーリンク