/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

【相場予想】金(XAUUSD) テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年2月21日(金)の週を終えて

2020年2月21日(金)の週を終えて
金(XAUUSD)のチャートとCFTCの大口の動向、そして個人のポジション状況を見ながら
相場の分析をしていきます。

チャンスがあれば海外ハイレバ口座と国内口座を利用して、
金(XAUUSD)と国内金先物をトレードしていくつもりでいます。

それでは、各章の状況を見ながら、相場を予想していきます。

スポンサーリンク

金(XAUUSD) テクニカル分析と大口と個人のポジションから相場の強弱を予想(2020年2月21日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

金(XAUUSD)のCFTCのポジション比較

1-2020年2月24日-金(XAUUSD)-CFTC-ポジション比較-21日の週を終えて
1-2020年2月24日-金(XAUUSD)-CFTC-ポジション比較-21日の週を終えて

2020年2月11日と18日の比較

  • 大口の買いポジがドカっと5万ポジくらい増えている
  • 大口の売りも増えてるが、1万くらいなので買いに比べたら少ない
  • 小口も買い増し中

金(XAUUSD)の個人のポジション比較

2-2020年2月24日-金(XAUUSD)-個人のポジション比較-2月の流れ-21日の週を終えて
2-2020年2月24日-金(XAUUSD)-個人のポジション比較-2月の流れ-21日の週を終えて

2020年2月14日と21日の比較

個人は70%の売り勢が損を切ったのか、諦めてドテンLしたように思います。
さすがに週の終値レベルで50ドルも踏みあげたら、悲鳴を上げるレベルですね。

金(XAUUSD) 大口と個人のポジション比較

  • 大口はドカッと買い増し
  • 小口は買い増し
  • 個人は売りポジションを整理して、ドテン買いへ

金(XAUUSD) チャート分析

3-2020年2月23日22時32分-金(XAUUSD)-21日の週を終えて-月チャート-テクニカル分析-1600ドル上にブチ抜け-青天井-抵抗が月足レベルじゃないと分からないwww
3-2020年2月23日22時32分-金(XAUUSD)-21日の週を終えて-月チャート-テクニカル分析-1600ドル上にブチ抜け-青天井-抵抗が月足レベルじゃないと分からないwww

2020年2月14日(金曜日)の週に1592.82を超えてきたら、1611.93の上髭を付けたところまでは
見にいくだろうと予想していました。

2月17日(月曜日)はワシントン生誕日のため、アメリカは休場で相場は閑散としていましたが

2月18日(火曜日)に1592.82のレジスタンスを明確に上抜けました。

次のターゲットは1611.93なのですが、ここも19日(水曜日)、20日(木曜日)に
あっさり上抜けていきました。

さすが金(XAUUSD)の一方通行相場は侮れないって感じですね。

そして、21日(金曜日)は大陽線を付けて週を終えました。
金(XAUUSD)は圧倒的に強いですね。

日足レベルでは、レジスタンスが見つからず、週足でも抵抗となるラインは見つかりません。

4-2020年2月23日22時32分-金(XAUUSD)-21日の週を終えて-日足チャート-テクニカル分析-1600ドル上にブチ抜け-青天井
4-2020年2月23日22時32分-金(XAUUSD)-21日の週を終えて-日足チャート-テクニカル分析-1600ドル上にブチ抜け-青天井

なので、月足レベルでレジスタンスを見つけないと、次のターゲットが分からず
金の青天井モードが始まったかのような雰囲気を感じます。

月足レベルのレジスタンスは

  • 1743.84
  • 1796.35

このあたりです。
まぁまぁ距離があるので、まずは1700ドルの節目を見に行く感じでしょうか?

金(XAUUSD) ファンダメンタルズ分析

  • 21日(金曜日) 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、リスク回避が起きて金が買われる
  • 20日(木曜日) 韓国で新型コロナウイルスの感染者が増加している事を受けて、
    感染拡大が経済に影響を及ぼすとの懸念から、リスクの逃避先として金が買われる。
  • 19日(水曜日) 新型コロナウイルスの影響度合いが不透明な事から、金が買われる。
  • 18日(火曜日) アップルの1~3月期の売上が予想に届かない理由が
    新型コロナウイルスの影響で供給が遅れるとの事で、リスク回避が起きて金が買われる。
  • 17日(月曜日 ワシントン生誕日のため、アメリカ市場は休場)

明確に抵抗ラインを上抜いてきたのは18日(火曜日)です。
そこから新型コロナウイルスの影響が経済に打撃を与えるのではという懸念から
リスク回避で金が買われていったというのが流れとして分かります。

まとめ

金の相場状況をまとめると

  • 大口はドカッと買い増してきた
  • 個人は売りを諦め、ドテン買いに転じた
  • 新型コロナウイルスの感染拡大が経済に影響を及ぼすことから、金が買われている理由
  • 1611を明確に上抜けたので、次は1700が目先の抵抗か?月足レベルじゃないとレジスタンスが分からない

スポンサーリンク