/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

天然ガス テクニカル分析 大口と個人のポジション比較 2020年2月14日(金)の週の値動きから相場を予想する

2020年2月14日(金)の週を終えて
天然ガスのチャートとCFTCの大口の動向、そして個人のポジション状況を見ながら
相場の分析をしていきます。

チャンスがあれば海外ハイレバ口座を利用して、トレードしていくつもりでいます。

それでは、各章の状況を見ながら、相場を予想していきます。

スポンサーリンク

天然ガス テクニカル分析と大口と個人のポジションから相場の強弱を予想(2020年2月14日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて解説していきます。

天然ガスの在庫状況

2020/02/13にEIAが発表した在庫量は2494(単位は10億フィート)
前週値から-115減りました。

先週から在庫が減ってきて、
価格も1.850台をウロウロしているので
多少なりにも、在庫の影響が出始めているのでしょうか。

天然ガスのCFTCの状況

先週発表(02月04日)買い売り差引
大口投機288171534872-246701
業者699698454184+206359
今週発表(02月11日)買い売り差引
大口投機279197522672-243475
業者660378455142+205236

天然ガスの大口投機は、買いも売りも両方とも減っている状況です。
価格が1.850をウロウロしているので
ポジション整理をしているのでしょうか。

いったんリバウンドに警戒する必要があるかもしれません。

天然ガスの個人のポジション状況

iFOREX センチメント分析
(2020/2/10(日) 02:00)
売り買い
天然ガスの週終値(02月07日) 1.8578%92%
iFOREX センチメント分析
(2020/2/16(日) 18:24)
売り買い
天然ガスの週終値(02月16日) 1.85410%90%

大口はポジションの整理を始めたように思えますが
リバウンドを狙うとはいえ、個人の買い持ちの状況が気になります。

先週から個人の買いが2%減って、売りが2%増えましたが
いまだに個人の買いが90%であり
リバウンドを狙うにしても、こまめに利益確定をして逃げておいた方がいいと思われます。

天然ガス チャート分析

1-2020年2月16日18時16分-天然ガス-横ばい1-850台が好きのようだ-日足チャート
1-2020年2月16日18時16分-天然ガス-横ばい1-850台が好きのようだ-日足チャート

天然ガスの日足チャートを見ると、1週間の値動きは
安値を更新せずに価格は横ばいで終わりました。

大口もポジションを減らしてきており
ポジション整理でいったんリバウンドを見せるかのような形をしています。

しかし、個人の買いがいまだに90%であることから
長期でリバウンドを狙ったポジションを持つよりは
こまめに利益確定をしながら、下落を警戒したほうがいいと思います。

おわりに

まとめると、天然ガスは以下の要因でリバウンドがきそうな雰囲気だが、買いポジを長くもつのは微妙。

  • 大口は売りも買いも減らしてきている
  • 個人は2.2ドル台から買いで捕まっており、90%の人間が大量の含み損を抱えてる模様
  • 個人の買いの保有率が90%越えてるので、長期の買いではなく、短期のリバウンド狙いで逃げ切ったほうがいい

スポンサーリンク