/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

【相場予想】天然ガス テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年2月21日(金)の週を終えて

2020年2月21日(金)の週を終えて
天然ガスのチャートとCFTCの大口の動向、そして個人のポジション状況を見ながら
相場の分析をしていきます。

チャンスがあれば海外ハイレバ口座を利用して、トレードしていくつもりでいます。

それでは、各章の状況を見ながら、相場を予想していきます。

スポンサーリンク

天然ガス テクニカル分析と大口と個人のポジションから相場の強弱を予想(2020年2月21日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて解説していきます。

天然ガスの在庫状況

2020/02/21にEIAが発表した在庫量は2343(単位は10億フィート)
前週値から-151減りました。

2020年2月の在庫の流れ

2020/02/07 2609 前週値 -137
2020/02/13 2494 前週値 -115
2020/02/20 2343 前週値 -151

先週から在庫が減ってきています。

天然ガスのCFTCのポシション状況を比較

02月04日 買い 売り 差引
大口投機 288171 534872 -246701
  業者 699698 454184 +206359

02月11日 買い 売り 差引
大口投機 279197 522672 -243475
  業者 660378 455142 +205236
小口投機 78461 40222 +38239

02月18日 買い 売り 差引
大口投機 288102 513688 -225586
  業者 642052 453627 +188425
小口投機 75510 38349 +37161

  • 大口は買いポジションを増やしたようです。
  • 小口は売りも買いも減らしている模様。

天然ガスの個人のポジション状況

iFOREX センチメント分析(2020/2/10(日) 02:00)
売り  買い
8% 92%

天然ガスの週終値(02月07日) 1.857

iFOREX センチメント分析(2020/2/16(日) 18:24)
売り  買い
10% 90%

天然ガスの週終値(02月16日) 1.854

iFOREX センチメント分析(2020/2/23(日) 9:55)
売り  買い
6% 94%

天然ガスの週終値(02月21日) 1.909

個人の保有ポジションは4%買いが増えて、売りが4%減ってる状況。
また買いの保有率が94%と高い…。

相場は長期の下落トレンドで、かろうじてリバウンドしたが
どうなるか?ってところだろうか。

天然ガス 大口と個人のポジション分析

2020年2月4日、11日、18日の流れを追ったて感じた事は

  • 大口は売りと買いをこまめに決済しながら、相場の波を泳いでいる模様
  • 個人は下の方で逆張りスキャして逃げれる人だけが勝ち組になれる模様
  • 多くの個人は2.2ドル台で捕まっており、リバウンドするのを祈っている模様

天然ガス チャート分析

2020年2月23日14時03分-天然ガス-21日の週を終えて-日足チャート-テクニカル分析-下落ラインがサポートになるか?
2020年2月23日14時03分-天然ガス-21日の週を終えて-日足チャート-テクニカル分析-下落ラインがサポートになるか?

天然ガスは、2019年11月05日の高値を基準に、下落トレンドチャネルを引くことができます。
下落トレンドチャネルは水色で引いています。

天然ガスの下落トレンドは2019年11月~2020年2月の4カ月間も続き、
リバウンドを繰り返しながら安値を更新しきました。

来る2020年2月4日(火曜日)に、下落トレンドチャネルの上限を上に抜けた後、
いったん下落して、2020年2月10日(月曜日)に1.764と2月11日(火曜日)に1.760で
短期のダブルボトムを形成して、
リバウンドしました。

おまけに、下落チャネルの上限と短期ダブルボトムがちょうど重なる形でリバウンドしています。

あと、月曜日と火曜日に変化が起きてるのも気になるところ。

さて、2020年2月17日(月曜日)から21日(金曜日)の週を分析していきます。

2020年2月17日(月曜日)に天然ガスは大きく上昇。
しかし、この日はワシントン生誕日のためアメリカは休みです。

そこから2月20日(木曜日)に2.00をようやく超えたかと思いましたが
叩き売られて、2月21日(金曜日)も売られて終了します。

しかし、チャートを見る感じだと、2019年11月05日から引いた下落トレンドラインの上限で
リバウンド
して終えています。

チャートを見ながら、サポートとレジスタンスになりそうな所に線を引いてみました。

ピンクのラインが、長期の下落トレンドを抜けて、短期ダブルボトムを付けた場所なので
直近で重要なサポートラインとして引いています。

サポートになりうる価格帯は(1.760-1.850)あたりだと思います。

黄色のライン赤色のラインは、2019年天然ガスが上昇を描いた時に底打ちして上昇を始めた場所です。

レジスタンスになりうる価格帯は(2.059-2.190)あたりだと思います。
そのあたりは、一目均衡表の雲の抵抗ゾーンが潜んでいるので
相場が荒れると思われます。

天然ガス ファンダメンタルズ分析

2020年2月17日(月曜日)から21日(金曜日)の週のファンダメンタルズを分析していきます。

結論から言うと、アメリカの気温が下がると言われて価格が上昇したのに
次の日に、気温が上昇するとのことから、天然ガスが売られました。

結局、どっちやねん!と言いたくなるような、ファンダメンタルズ要因で相場が荒れました。

要点をまとめると以下のようになります。

  • 17日(月曜日)アメリカ休場 (ワシントン生誕日のため)
  • 18日(火曜日)気温が従来より低下すると予想され、天然ガスが買われる
  • 19日(水曜日)気温が従来より上昇すると予想され、天然ガスが売られる(利食い売りが入る)
  • 20日(木曜日)在庫は減ってはいるが、気温をネタにされ、天然ガスが売られる
  • 21日(金曜日)気温をネタにされ、天然ガスが売られる

まとめ

  • 大口は売り買いで相場の波を泳いでるもよう。現在は買いポジが増えている
  • 個人は2.2ドル台から買いで捕まっており、90%の人間が大量の含み損を抱えてる模様
  • 一部の個人は、スキャで底値から買ってる人だけが勝ってる模様
  • ファンダメンタルズでは、アメリカの気温が上昇するとのことから、在庫の減りを無視して売られている
  • テクニカルでは、1.76~2.05あたりでレンジになるか見る。上に抜けたら一目の雲あたりで相場があれると予想

個人的な見解ですが、下落ラインを上に抜けてきて
短期のダブルボトムを形成しているので、2.0ドル~1.76の間でレンジ形成するのかなと思います。
レンジと見たのは、個人の多くが2.2あたりで買いポジが捕まってるのと
保有率が90%越えてるのもあり、また気温が上昇するとのことから
強気に上昇するのは難しいのかな?と思ったからです。

強気に買われるには2.1を超えて、一目の雲を超えてきてからだと思います。
なので、サポートとレジスタンスの位置を注意深く見ながら
相場を追っていけばいいのかなと思いました。

スポンサーリンク