/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

S&P500【見通し】予想が悪いは株価を上げる為のフリでしかない件 テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年7月31日(金)の週を終えて

2020年7月31日(金)の週を終えて
S&P500のチャートとCFTCの大口の動向、そして個人のポジション状況を見ながら
相場の分析をして今後のSP500の相場の見通しや
価格を予想していきます。

チャンスがあれば海外ハイレバ口座を利用して、
S&P500をトレードしていくつもりでいます。

それでは、各章の状況を見ながら、相場を予想していきます。

スポンサーリンク

S&P500 テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較から相場の強弱を予想(2020年7月31日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

S&P500 CFTCポジション状況

1-SP500-CFTC-一覧表-2020年7月31日の週を終えて
1-SP500-CFTC-一覧表-2020年7月31日の週を終えて

個人のポジション状況

2-SP500-個人のポジション状況-一覧表-2020年7月31日の週を終えて
2-SP500-個人のポジション状況-一覧表-2020年7月31日の週を終えて

ポジション状況 まとめ

前の週は売りポジションが増えてる状況で
10pipsしか下がってない事から
反転上昇があると予想を立てていました。

その予想通り、反転上昇して
終値で見ると高値を更新した状態で週を終えています。

この状況化で、大口も個人も売りを増やしています。

この事から、株価は上昇してくだろうと予想しています。

S&P500 テクニカル分析

3-2020年7月31日の週を終えて-SP500-日足チャート
3-2020年7月31日の週を終えて-SP500-日足チャート

先週引いたラインのおさらい

  • 週の始めに3211.40のラインを底値に反発し上昇しました
  • そこから何回か3211.40を試しましたが、反発上昇して週を終えています

直近のレジサポ転換ライン

4-SP500-直近のレジサポ転換ライン-3211-4-2020年7月31日の週を終えて
4-SP500-直近のレジサポ転換ライン-3211-4-2020年7月31日の週を終えて

3211-4 黒色のライン

週の前半で反転上昇して
そこから何回も3211.4を試しましたが
どれも反転上昇して終えています。

この事からレジスタンスがサポートに転換したと考えられます。

ここから3326.10を目指して上昇トレンド再開するのかなと思います。

S&P500 ファンダメンタルズ分析

2020年7月27日(月曜日)から7月31日(金曜日)の週のファンダメンタルズを分析していきます。

7月27日(月曜日) SP500 ファンダメンタルズ分析

新型コロナウイルスの新たな景気刺激策がトランプ大統領と上院共和党が
基本合意した事を背景に期待感から株価が上昇しました。

アップルやアマゾン、フェイスブック、アルファベットなど
決算発表を前に買いが入り、株価の上昇の上位を占めたようです。

またバイオ医薬大手のモデルナが開発中の新型コロナワクチンについて
アメリカ政府の支援を受けて後期臨床試験を開始したと発表した事で
新型コロナウイルスの問題も解決するとの期待感から株価を押し上げました。

テクニカルでは3211.40のサポートラインで耐えた形(1日目)

安値3200.77 → 終値3243.01(+42.24pips上昇)

7月28日(火曜日) SP500 ファンダメンタルズ分析

アメリカの消費者信頼感指数が前月から下がった事で
新型コロナウイルスの感染者が急増している事が
アメリカの消費を押し下げ、経済の回復が脅かされるとの懸念から
株価は前日の下げから戻りを売られて終了しました。

また、与党共和党が発表した新型コロナウイルスの追加対策法案が
市場の予想より下回る内容が失望感を誘い株価が売られる要因となりました。

ただテクニカルでは3211.40のサポートラインで耐えた形(2日目)

高値3255.41 → 終値3221.65(-33.76pips下落)

7月29日(水曜日) SP500 ファンダメンタルズ分析

FRBが新型コロナウイルスで打撃を受けた経済の回復に向けて
『あらゆる手段』を尽くすと表明した事が好感され
株価は前日の下落から反発上昇して終えました。

テクニカルで見ると3211.40のサポートライン手前で反発した形(3日目)

安値3212.91 → 終値3264.65(+51.74pips上昇)

7月30日(木曜日) SP500 ファンダメンタルズ分析

アメリカのGDP速報値が前期比で32.9%減となり
1947年の統計開始以来で最悪の落ち込みとなった事が嫌気され
株価が下落しました。

またアメリカの新規失業保険申請件数も増加している事から
新型コロナウイルスの影響が嫌気され株価が下落しました。

さらにアメリカのトランプ大統領が大統領選の延期を発言した事も嫌気されたようです。

しかし、終盤にかけて買い戻しが強まり
すごい下髭陽線で終わりました。

引け後にアップルやフェイスブック、アマゾンなどの企業決算に注目が集まり
どれも良かった事で株価は下落から立ち直った形。

ただテクニカルでは3211.40のサポートラインで耐えた形(4日目)

7月31日(金曜日) SP500 ファンダメンタルズ分析

アメリカの議会で新型コロナウイルスの追加対策法案を巡る協議が行われたが
この日も平行線で物別れに終わった事が嫌気され株価は下落。

しかし、アップルやアマゾン、フェイスブックなどの企業決算が良かった事で
株価は反転上昇して週を終えました。

アップルは新型コロナウイルスの感染拡大の影響で
在宅ワークや学習の機会が増えて
アップル製品やサービスの需要が増えた事で売り上げが伸びたようです。

この日アップルは、時価総額1兆8200億ドルとなり
サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコの1兆7600億ドルを抜いて世界一となりました。

アマゾンは新型コロナウイルス感染拡大を受けて
インターネット販売や出店業者向けのサービスが伸びた事で
1994年の創業以来で最高の利益となったようです。

フェイスブックは新型コロナウイルスの影響で
オンラインサービスの利用者が増え
デジタル広告に予算を振り向けた結果、売り上げがアナリスト予想を上回る結果となったようです。

安値3220.17 → 終値3271.79(+51.62pips上昇)

週の終値を比較

2月07日 3326.1 ←ターゲットはここかな?
3月13日 2697.8 ←ここをようやく上抜けた
3月20日 2297.6 ←底打ちと判断してもよさそう
3月27日 2531.1
4月03日 2490.3
4月09日 2795.1 ←3月13日の終値を上に抜けた
4月17日 2874.9 ←レジサポ転換ライン2855.8を上に抜けた
4月24日 2835.7
5月01日 2829.1 ←レジサポ転換ライン2855.8を抜けた後に、3週連続でじわじわ下がっている事とRCI短期と中期の天井なので警戒
5月08日 2934.7 ←先週の高値から200pips押して買い支えられて上昇
5月15日 2851.8
5月22日 2956.9
5月29日 3057.5
6月05日 3188.8
6月12日 3037.10
6月19日 3071.72
6月26日 3019.41
7月03日 3125.55
7月10日 3188.17
7月17日 3222.38
7月24日 3212.23 ←レジサポライン3211.40で耐えた
7月31日 3271.79 (+59.56pips上昇)

まとめ

S&P500の相場状況をまとめると

  • アメリカの経済指標(GDPや消費者信頼感)が悪くてリスク回避から株価が下落
  • しかしサポートラインの3211.40を背に買い支えられる
  • FRBがあらゆる手段で経済を支えると表明し株価が買い支えられる
  • 予想より悪いと言われていた企業決算もアップルやアマゾン、フェイスブックなどが良好な結果を出した事で株価は反転上昇する

結局、アナリストの悪い予想やGDP最悪だよ~は
株価を上げる為のフリでしかなく
終値で見るとなんだかんだで高値更新して終わっているので
3300ドルは見にいくのではないかと予想しています。

スポンサーリンク