/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

【相場予想】ポンド円・ポンドドル 通称交渉に態度を強硬しすぎて売られる – 合意なき離脱もありえる話 テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較 2020年2月28日(金)の週を終えて

2020年2月28日(金)の週を終えて
FX ポンド円とポンドドルのチャートとCFTCの大口の動向、
そして個人のポジション状況を見ながら相場の分析をしていきます。

チャンスがあれば国内FX口座を利用して、
ポンド円もしくはポンドドルをトレードしていくつもりでいます。

それでは、各章の状況を見ながら、相場を予想していきます。

スポンサーリンク

ポンド円・ポンドドル テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析 CFTCポジション比較から相場の強弱を予想(2020年2月28日(金)の週を終えて)

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

ポンドのCFTCの大口のポジション状況

1-ポンド-CFTC-2020年-2月-一覧表
1-ポンド-CFTC-2020年-2月-一覧表

2020年2月 全体を比較する

  • 大口は買いを増やして、売りを少しだけ減らした。月末付近ではポジションの変化はあまり見られない
  • 小口は売り買いの変化はあまり見られない。

ポンドの個人のポジション状況

2-ポンド-CFTC-2020年-2月-一覧表
2-ポンド-CFTC-2020年-2月-一覧表

先週から買いの保有者が増えており、
ポンドは月末に大きく下落して、含み損を抱えてる人が多い印象。

下げ幅はポンド円の方が大きく、終値ベースで約600pipsくらい下げている…。

大口と個人のポジションを比較する

2月の全体の流れを追ってみると

  • 大口はたいしてポジションの変化が見られない。
  • 個人は月末にポンドの暴落で含み損を抱えてる人が多数

ポンド チャート分析

ポンド円のテクニカル分析

3-1-2020年3月1日16時15分-ポンド円-週足チャート-144円のレンジを下抜け-次は133-8を目指すか?
3-1-2020年3月1日16時15分-ポンド円-週足チャート-144円のレンジを下抜け-次は133-8を目指すか?

ポンド円は144円を超えられず、月末に138円へ下落している。
値幅は約600pipsほど。

200日SMAでリバウンドしているが、ここを下に割れるとヤバイと思われる。

いちおう、週の雲の上限でリバウンドしている
基準線もこのあたりにいるのでテクニカルが重なってリバウンドしたのだと思われる。

だが…週足ベースでみると144円のレンジを下に抜けている形なので
予断を許されないと思います。

新しくサポートラインを引きました。

ピンクライン – 133.8

  • 2019年7月29日、ポンド円の大暴落
  • 2019年10月27日、ポンドの大暴騰

この2点が重なる場所です。

ここを突き抜けたら

オレンジライン – 131.2

  • ポンド円の暴騰前の押し目となった場所

最後のレッドライン – 126.5

  • 2019年にポンド円が暴落した時の安値

ポンドドルのテクニカル分析

3-2-2020年3月1日16時20分-ポンドドル-週足チャート-1-28のピンクラインをギリ下抜け-次は1-25を目指す展開か?ドル安なのが気がかりだが…
3-2-2020年3月1日16時20分-ポンドドル-週足チャート-1-28のピンクラインをギリ下抜け-次は1-25を目指す展開か?ドル安なのが気がかりだが…

ポンドドルは、ボリンジャーバンドの-3σで反発して月末週を終えています。
ドル安の影響もあって、ポンド円と比べて暴落の被害は少なめです。

ただ、2月の週の終値を全て下に抜けてる事実は、ポンド円と変わりありません。

直近サポートのピンクのライン – 1.285を下に抜けて終えているので
次のサポートを引いてみました。

ピンクライン – 1.251~1.252付近

  • 2019年7月22日、ポンドドルの大暴落
  • 2019年10月07日、ポンドドルの大暴騰

この2点が重なる場所です。

ここを下抜けたら

オレンジライン – 1.219~1.22付近

  • ポンドドルの暴騰前の押し目となった場所

レッドライン – 1.195

  • ポンドドル2019年暴落時の安値

ポンドのファンダメンタルズ分析

  • 28日(金曜日) イギリスがEUとの貿易交渉に強気すぎる態度が嫌気された。交渉が決裂するだろうと懸念されポンドが売られた
  • 27日(木曜日) 英スナク財務相に財務省関係者から圧力があったとの一部報道で、来月の予算案の発表時に期待されていた歳出拡大が困難になるとの懸念からポンドが売られた
  • 27日(木曜日) イギリス政府筋からEUとの協議が進まなければ、合意なき離脱の準備を始める、EUとの離脱期間を延期しない、などの見解を示したことでポンドが売られた
  • 26日(水曜日) 世界的な株安でポンドがリスク回避で売られた。コロナウイルスのパンデミック懸念が原因
  • 25日(火曜日) 特になし。なぜかポンドが強い
  • 24日(月曜日) 特になし。

また合意なき離脱を交渉のカードにしてるのかよ…。

呆れますね…。

まとめ

ポンドの相場状況をまとめると

  • 月末にポンドの暴落が起きる。特にポンド円が酷く600pips下げる。コロナウイルスのパンデミック懸念が主な要因
  • 大口のポジション変化はあまりない
  • イギリスとEUの貿易交渉で、強気すぎるイギリスの態度に嫌気がさしポンドが売られる
  • しかも、通商交渉がまとまらなければ、合意なき離脱の準備を始めるのと、延期をしないと政府筋が公表したことにより、ポンドが売られる

スポンサーリンク