/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

ポンド 2020年2月7日(金)の週を終えて テクニカル分析と大口と個人のポジションから相場の強弱を予想する

2020年2月7日(金)の週を終えて
ポンドのチャートとCFTCの大口の動向、
そして個人のポジション状況を見ながら相場の分析をしていきます。

ポンドの相場の流れを追っていく中で、
チャンスを見つければトレードしていく予定です。

スポンサーリンク

ポンド テクニカル分析と大口と個人のポジションから相場の強弱を予想(2020年2月7日(金)の週を終えて)

FX ポンド円・ポンドドル

ポンドもドル高の影響で売られ気味

CFTCでは買いポジが減って売りポジが増えてる模様

個人のポジ比率は
先週売りが優勢だったが
どうもドテンLしたやつ多いみたい

売り71%→30%
買い29%→70%

★1.29の節目割れてるので買いは要注意★ pic.twitter.com/0XnfLbMltq— 堅実なる投機家@未来の石油王 (@kenjitutouki) February 9, 2020

上記ツイートで大枠について述べていますが
この内容をもう少し深く掘り下げて分析していきます。

ポンドのCFTCの大口のポジション状況

先週発表
01月28日 大口投機 61887買い 44198売り 差引 +17689
業者 104061買い 123497売り 差引 -19436

今週発表
02月04日 大口投機 59659買い 46672売り 差引 +12987
業者 110198買い 127204売り 差引 -17006

大口は買いポジションを減らして、売りポジションを増やしている。
これまでポンドがポジティブに買われてきただけに
そろそろ売られてくるか?

ポンドの個人のポジション状況

先週記録
週終値(01月31日)1.31939
         142.939

iFOREX センチメント分析(2020/2/02(日) 23:32)
売り  買い
71% 29%

今週記録
週終値(02月07日)1.28697
         141.249

iFOREX センチメント分析(2020/2/10(日) 02:10)
売り  買い
30% 70%

個人投資家は先週の売りから買いに傾けている。
大口投機と個人はそろって売りのようだ。

ポンド チャート分析

1-ポンド円とポンドドル-売られて終了-ポンドルは節目割れ-日足チャート-2020年2月10日03時05分
1-ポンド円とポンドドル-売られて終了-ポンドルは節目割れ-日足チャート-2020年2月10日03時05分

右のポンドドルのチャートを見ると
1.29の節目のサポートを割れて週を終えている。

大口も個人も売りに傾けているので警戒が必要だと思われる。

イギリスはEUを離脱決定したことで貿易協定の段階に入る。
ここで政治的不透明感によって売られることも考えられるので
注意が必要だと思われる。

おわりに

ポンドの相場状況をまとめると

  • ポンドドルが1.29の節目サポートを割れて週を終えている
  • 大口と個人は売りにポジションを傾けている
  • イギリスがEUを離脱したことで今度は貿易協定で政治的不透明感が出るかもしれないので注意する

スポンサーリンク