/* youtube 所有者確認 */ /*Google Ad*/

【大破産】2019年1月3日の朝に起こった超円高、ドル高の原因はなに!?【追証祭り】

2019年1月7日

2019年1月3日アップルショックの円高ドル高

おはぎゃーー!

2019年1月3日(木)の朝7時~7時30にかけて
たった30分で大きな円高とドル高が我々を襲った。

なぜこんな事が起こったのか?

原因についてまとめておこうと思う。

スポンサーリンク

アップルショックという名がつくかも知れない衝撃ニュース

2019年1月3日(木)の朝7時~7時30分にかけて
たった30分でFXのロンガーは全員ロスカット破産の追証祭りで
おはぎゃー!した人が多いと思う。

その原因はというと

アップルが10月12月の(第1四半期)の売上高予想を引き下げた。

これが出たのが6時30過ぎ。

これをきっかけとしてダウ30が23000ドルを維持できずに下げ始める。
つられるようにして日経225も朝9時スタートと同時に暴落。

前日の1月2日(水)には 中国の
2018年12月Caixin製造業購買担当者景気指数(PMI) が発表されたが
数値は少し悪かった。

つまり2019年1月2日(水)から1月3日(木)にかけて
世界経済の先行きが悪くなるという懸念から円が買われていた。(少しね…)

ドルはリスク回避で買われたのか
それとも介入で買われたのかは定かではないが
1月1日(火)に休日の薄商いを利用した仕掛けがあったのは間違いない。

ドルインデックスのチャートを見てもらえば分かると思うが
1月1日(火)の日本時間夜0時30ごろ(日付変わりで1月2日(水)PM0時30)に
薄商いを利用した大量のドル買いが起きている。

1-2019年1月1日ー薄商いを利用したドル大量買いードルインデックス1時間足チャート

ツイートでも述べているがこのあたりの時間帯に
みんなが休んでいる間に大きなドル買いが入ったのは間違いない。

その流れが翌日の1月2日に続いて1月3日へと流れていった。
このドル買いはドル円買いにはつながらず
ドルベースの通貨(ユーロやポンド、豪ドル)などに波及してドルが買われていった。

つまり円高、ドル安ではなく
円高、ドル高になっていったのだ。

そして1月3日(木)の朝6時30にアップルの売り上げ見通しの軟化によって
一瞬で円高ドル高を引き起こしたと思われる。

きっかけをアップルが与えちゃったのねって感じですw
もともとは流れが来ていた分けですから。
トドメをアップルさんがやったのねって感じですな。

朝起きてみると多くのFXロンガーが破産報告をアップ

私は何事もなく朝起きてチャートを見たら
やけに下髭つけてるなーと思ってみたら

ドル円が109円から105円まで急降下
豪ドルも0.70から0.67まで急降下
もう全部の通貨が円高ドル高のオンパレードw

そしてツイッターを見たら
FXで700万~2000万などの大損を抱えた報告が相次ぐ騒ぎとなる。

おわりに

もうFXは怖くて辞めるという人もいれば
マイナス額がやばくてこの先どうしようかという人まで
大勢いるようです…。

youtubeでも多くの破産者がいるようで
2019年は個人投資家がどんどん狩られる年になるのではないかと心配です。

みなさんロスカットはちゃんと設定して
生活に影響がでない金額で投資しようね…。

それでは!

【破産防止】個人投資家がフラッシュクラッシュを避けるための3つの対策案【リスク回避】

スポンサーリンク